号泣するちゃ~編・第24回四万十川ウルトラマラソン

 大変お待たせを致しました!平成最後の四万十川ウルトラマラソン後編でございます。前編「のり君編」は☜コチラをプチっ!

第1関門36.6㌔で涙のリタイア・のり君とは~ちゃん!

2人の分まで頑張らなければと・・再びコースへ!!

第1関門から四万十川を渡って、国道381号へ!

 後ろを振り返ると澄み切った空に眩い太陽が!!かなり気温⤴⤴てきそうです!

十和(とおわ)トンネルを抜けると

60㌔の部スタート地点の十和地区です。

手前の小野大橋を渡って裏道へ!

 スタートから5時間18分・40㌔計測POINT!!ピッピッて~計測チップに反応して計測OK

 右手に60㌔の部スタート地点の鯉のぼり公園が見えてきました!秋の四万十川は透明度が素晴らしくピカピカ鏡面状態ですね。

 十和地区は鯉のぼり川渡し発祥の地・春になると500匹以上の鯉が四万十の風を受けながら美しく泳ぐんです!

 41.8㌔地点のもぐもぐPOINTに到着です!🍙や🍌でお出迎えしてくれたのは、四万十町立十和中学校の皆さまです!

生徒さんが考案したゆるキャラ「のぼりん」さんや

「たけぽん」さんもお出迎えしてくれました!癒されますね~

 さてと・・42.195㌔フルマラソンならゴール~ですが・・まだ半分も走ってないのがウルトラマラソン(汗)無理しないで6分半~7分/㌔位のペースで遅れを取り戻す作戦!

 頭に風船を付けた14時間フィニッシュサポーターさんが見えてきました!昨年は大変お世話になりました!今年も完走狙いなので・・風船にロックオンw

 この辺りは四万十でも有数のお茶所!左手には石垣で出来た段々茶畑です!

47㌔地点通過~気温が高くなったので、木陰はありがたいですね!

視界が開ければこの絶景~鷹ノ巣川橋を渡ります!

 やっと14時間フィニッシュサポーターさん達の集団に追いつきました!

 国道・四万十トンネル入り口の下を抜けて50㌔!!やっと半分です!さあ~この先は四万十町⇒四万十市となります!

 四万十川を射抜くように走る・JR予土線と並走しながら・・おお~パォ~ンってトロッコ列車です!乗客の皆さまが手を振って応援してくれています!ありがとう~~

53㌔地点のウルトラ名物「半家(はげ)沈下橋」の渡り~

ここは流れが急な事で有名!もしも川に落ちたら・・・ヤバいです。

 もしもの時に備えてレスキュー隊員さんや、カヌー隊が待機して頂いております。

 折り返して・・また戻ります・・本当なら楽しいはずなんですが・・余裕がないと・・辛い沈下橋の渡り・・できればスル~したかった(疲)ここで一句「絶景も~脚に100K~沈下橋」

 沈下橋を渡ってしばらくすると、緩やかに上り始めてきました!後半に向けての体力を削ぎ取る・峰半家峠への登りです!

 振り返ると半家沈下橋の絶景を楽しめるんですが・・殆どのランナーさんは眺める余裕が・・・平均斜度5%超⤴⤴

 歩け歩け作戦で約1.5㌔・標高90m・・眼下には四万十川の蛇行する姿が見えてきます!

 さあ~今度は急坂⤵⤵・・あ~~これも辛い~50㌔超の脚にはたまりません~~(涙)

 この頃になると足を引きずり顔を歪めながら頑張っているランナーさんも多くなってきました。がんばって下さい!って声を掛けながら前へ!!

第2関門・が見えてきました!回収バスが待機してます(汗)

 関門時間まで1時間を切っての到着です・・予定よりかなり遅れてます・・

  お~~麦屋のグランパパ!!今年もコース上審判員をされてます!大変お世話になっております~ のり君&は~ちゃん達のリタイアを御報告(悲)。

さあ~5㌔先の第3関門へと向かいます。

 それにしても暑くなって熱中症注意報!!沿道には竹で作ったクーリングPINTOもあってありがたや~(涼)

 第2関門を過ぎて・・やはり脚の痛みが辛くなってきました・・チョイと💊を飲んでおきます。

 そんな時に薬よりも効くのが、沿道からの温かい応援と励ましです!ステキな笑顔パワ~で痛みも⤵⤵(感謝)

 スタートしてから7時間25分・60㌔チェックPOINT通過!!!

 第3関門はレストステーション(大きなエイド)預かってもらっていた荷物(着替え等)を速やかに受け取れるように、沿道でランナーのゼッケン確認して無線報告して頂いてます!

 13:33分・第3関門レストステーションのカヌー館に50分前に到着です。

もう疲れました~~~お腹が減った・・・・・・(飢)

とりあえずwもぐもぐタイム!!🍙も色んな種類を用意して頂いてます。

四万十を代表する和菓子・右城松風堂さんの筏羊かん!!

 温かい豆腐汁・・汁物は本当にありがたいです(温)御馳走様でした~胃袋だけは丈夫な事に感謝です。足は貧脚ですが・・

 麦太がレストステーションに着く8分程前に悲願の100K完走を目指すミホさんの姿がLIVE中継に・・なんかフラフラされてるようですが・・・

おっ久振り~このお2人は余裕の表情です~(凄っ)

 昨年は寒さ&痛みで、へろへろ状態~着替えなどで20分以上のタイムロスでしたが、今回は食事とGoProのバッテリーを補充してスグに出発!

 素晴らしい笑顔でハイタッチ~心も満タンにしてくれて、ありがとう~本当に感謝<m(__)m>

 「がんばれ~あと38㌔だ~」ってお父さんが・・ですよね・・了解しました( `ー´)ノ

 午後2時になろうとしています。澄み渡った空からはフィルター無しの眩い太陽光線が降り注いできます・・暑い・・・なるべく影を選んで走ります。

 こんな時、光を和らげマイナスイオンで応援してくれる四万十の草木さん達に感謝です!

 太陽の下では既に22℃越え・・津大橋の給水所にやってまいりました!

38ヶ所もある給水所・・有難うございます!

手作りのシャワ~ですね~かぶり水が超気持ちいいです~(冷っ)

 旧道から国道441へと戻ります!あと32㌔・・この先、すばらしい絶景がまっていますよ~

 岩間沈下橋!!本来なら沈下橋を渡って向こうの道を走るんですが・今年はそのまま国道を・・

 そのお陰で四万十を代表する絶景POINTに出会えるんです!! 川面に写る空と山並みが素敵ですね~

70㌔地点・もしかしてミホさん?????

 OOOh~~~やっぱり~ミホさんだ!というか顔色・・悪くないですか??どうやら疲労のせいかヒドイ眠気で真っすぐ走るのがやっとらしいです。OK(‘◇’)ゞ麦太がサポートさせて頂きます。

 岩間沈下橋の代わりに、今年は四万十でモダンな斜張橋「茅生(かよう)大橋」を渡ります。画面ではわからないような登りでも・・70㌔以上走って来た脚には激坂に感じます。

橋を渡った先でUタ~ン・・・

 とても近代的で美しい橋なんですが・・・ミホさん見る余裕さえないようです・・

第4関門37分前に通過!!あと30㌔切りました~

 かなり睡魔が強いようです・・極度の疲労の為なのか・・低血糖なのか・・はたまた脱水??取り合えず補給はコマメに

 次の関門が気になって仕方がないミホさん。真面目な性格ですから、ちゃんとポケットに関門時間のメモまで・・大丈夫ですよ!このペースでOK牧場~って冗談にも反応なし・・・あは

 私設エイドで応援して頂く方も沢山いらっしゃいます!かおりんさんが、天使の様な笑顔で「がんばれ~」って言ってくださいました!

 中半(なかば)休憩所付近で通過した回収バスにノリ君の姿が・・・・後で知ったんですが、あの後スグにリタイアしないで・・なんと42㌔地点まで頑張ったんですよ!痛かったはずなのに・・ナイスRUNノリ君!

 ミホさん必死に前へ前へと・・疲労&睡魔との闘い・・・「大丈夫絶対にゴールできるから」と何度も声を掛けます!

 時には冗談を言ったり、麦太の替え歌で脳神経を刺激させて頂きます!笑顔で返してくれるミホさん!!その調子ですよ~

 口屋内(くちやない)の「民宿せんば」さんの私設エイドです。泡の出る麦茶をひと口だけ頂きました~復活w

あ~~走援隊の松さん~応援に来てくれてたんですね~

補給食を頂きありがとう~~では行ってまいりますw

  沿道の応援からもパワーを頂きながら・・目指すは100K完走「そのまま進めばいつか着く」YES( `ー´)ノ

16:19分・第5関門へと・・まだ20分少々余裕があります!

 皆さま本当に疲れている様子・・ここで立ち止まるともう走り出せないような感じ・・

さあ~前へ前へ!!足が動く限り!!ミホさん頑張るよ!!

 16:24分・80㌔地点計測POINT通過~あと20㌔・・・タイムアップまで3時間もありますよ~絶対にゴールできるちや~

そろそろ太陽が地球の裏側へと!!・・これから気温が⤵⤵

 足を引きずりながら、歩いているランナーさんも多くなってきてます。ミホさんは痛みはそれ程らしく良いペースです。

 のどが渇いたとミホさん・・・あっ!それ谷水で・・飲み水では・・・ありま・・せ・・

 あ~あっ~飲んじゃった・・それだけ判断力低下してるんですね~麦太が見守っておりますので・・さあ最後の頑張りどころ!!

 フィニッシュサポートランナーさん集団に合流しました!「ファイト~ふぁいと~」って皆で声を出して・・

 必死に声を上げ、皆で目指すは、この先にあるゴール!!・・昨年もお世話なりましたが目頭熱くなるくらい感動します!

あと15㌔ですね!!!

国道441を離れ四万十川にそって県道340へ!

第6関門通過~ミホさんが昨年、涙をのんだ最終関門まで7㌔!!

凄い!!ミホさんの職場の同僚さん達も応援してくれています!

そろそろ太陽の光が消えてしまう四万十川・秋の日暮れは早い

お~頭にヘッドライト装着ですか??流石ですね~ミホさん!!

 完走は間違いないですねって伝えると!!ほんとう~?本当に完走できるがやね~って嬉しそうに控えめなガッツポーズ!!

17:43分・太陽に変わって、やさしく輝くお月さまが・・

90㌔・・さあ~10㌔切りました~

 90.9㌔地点にある最後のモグモグPOINTで輝く贈り物を頂戴します。

 そうです、夜間走行の為にランナーに手渡されるケミカルライト!通称四万十ライトセーバー・今年も2本貰っちゃいました!!

 ありがたい事にHOTコーヒ~☕がありましたよ~これ飲んで頑張りましょ~

 ダークな暗闇・四万十のホタルみたいに輝く、四万十ライトセーバーの群れ・・幻想的です。

 平衡感覚を無くしそうな暗闇を、地元の方たちが、ランプや車のヘッドライトで照らしてくれています。ありがたい

 暗闇の先に時を刻む最終関門が見えてきました~昨年はココで関門に引っかかったんですね。

 18:26分!!最終関門クリア~ですwもうこれで時間内完走間違い無し!!

 まだ時間内完走できるか不安なんでしょうね、しきりに時計を気にするミホさんです。

最後の給水所!ゴールまで3㌔を切りましたよ~本当にもう少し!!

遅くまで本当にありがとう~最後の給水頂きま~す!ゴクリっ旨し!

 ここを曲がれば最後の登り!登りきったらゴールの中村高校グラウンド!

 かがり火の中からお出迎えしてくれたのは、YAMAさんと野人君!!ハグ??男だから・・・拒否(笑)

 沿道から凄い拍手で出迎えて頂きます。・・・なんかミホさんの背中をみていると・・目頭が・・・熱くなって・・ぼやけてきました

 応援してくれていた、KIDSさん達にライトセーバーを手渡して、さあ~

 薄暗い路地へと!頭上の電球に導かれるように、ゴールの中村高校へ!

校門をくぐり校舎の横を抜けると・・・・・

急に眩い光がミホさんを・・・

やったね~ミホさん!!!本当に夢が叶うんですよ!!

それもミホさんだけじゃない皆の夢や思いが!!

「おかえり~おめでとう~」って大声が!!

ミホさんの為に沢山の仲間が出迎えてくれています!!!

感動を分かち合うように、ひとりひとりに丁寧に応えながら・・・

眩く照らされるゴールゲートへゆっくりと・・・

吸い込まれるように・・・

ゆっくりと目を閉じ・・

 天高く両手を広げゴールするミホさん・本当におめでとう・・・(号泣)

 ゴール後・待ち構えていた方々と感動を分かち合うミホさん!!もらい泣き状態・・・

フィニッシャーだけに与えられる完走メダルを首にかけて頂き

はいチーズw もう眠気も吹っ飛んじゃったようですね~(嬉)

 スタートから14時間・19時30分・・競技の終了を告げる審判員さんがゴール封鎖!!あと一歩届かなかったランナーさん達に会場からは溜息が・・・

 程なくして・・ドっドド~~ンって夜空に舞い上がり、輝く花火で平成最後の四万十川ウルトラマラソンが終わりました・・

 完走メダルを眺めながら・・昨年と同じ事を思います。そう脚の痛みやケガはゆっくりと消えてゆきますが・・・心に刻まれた感動は一生消えないんですよね。

さて・・ウルトラマラソンから1ヶ月・・・・

 四万十市役所・市長室にミホさんの姿が??なにやら四万十市長さんと面談中??

 実は岩間沈下橋早期復旧募金と署名をお渡しする、大役を仰せつかったんです(凄)

  募金の目録と署名962名分を中平市長さんへと渡して頂きました!早く岩間さんが完治してくれて、新しい時代の元年に開催される四万十川ウルトラマラソンで復帰してくれるといいですね!

麦太でした!!