清流四万十川が育んだ、麦屋の青のりうどん

今回は麦屋の青のりうどんのご紹介です!

最後の清流といわれる、四万十川

 多くの支流が流れ込み、四万十川は山々の恵みをたっぷりと蓄えながら・・

ゆったりと流れてゆきます。

 そして麦屋がある、四万十市で196㌔もの長い旅を終え、太平洋へと旅立つ四万十川

 そんな四万十川と太平洋の海水が混じりあう、河口付近(汽水域)では、四万十川を代表する味覚・天然青のりが採れるんです。

青のり漁は、水温の低い12月~3月の間におこなわれます。

 天日と四万十川に吹き抜ける寒風で乾燥させ、より一層風味豊かに仕上げた物が、四万十の天然青のりとして出荷されます。現在ではかなり希少な高級品として扱われているんです。

 これが天然あおのりです!皆さんが普段、お好み焼きなどに使っている、アオサのりとは別物・正式名は「すじ青のり」と言って、筋状になっているのが特徴です。養殖物は他県でも出荷されてますが。。天然物は四万十川が全国1位・超希少でお値段も・・キロ数万円(わおっ)

 麦屋では四万十の天然青のりを、国産小麦と四万十水系の水で練り上げた、青のりうどんを製造販売しており、大変ご好評を頂いております。

鮮やかな青のりの緑が映えて、四万十美人なうどんです。

 天然青のりならではの豊かな香り、国産小麦と清らかな水が作り出す、独特のコシとのど越しのよさが特徴です。今日は少しだけメイキングをご紹介します!

 これが、四万十天然青のりをパウダー状にしたものです!品質のよい天然青のりが放つ、鮮やかな四万十グリーンです!

国産小麦へ惜しげもなく投入!!

練りの行程です!普通のうどんに比べて、難易度が上がります。

熟練の麺職人が、丁寧に麺体へと仕上げてまいります。

いい感じで麺体の完成です!そして熟成庫で一晩寝かせます。

翌日・・熟成させた麺体です。既にイイ色してますね~

まずは、ゆっくりとローラーで伸ばして行きます。

 その日の麺体の状態によって、微妙な調整をしながら厚みを整え

包丁切りマシーンでカットされ、ベルトコンベアで次なる行程へ!

高温で煮えたぎる、茹で窯で一気に茹で上げます!

 工場内に、四万十青のりの、なんとも言えない、いい香りがしてまいりました。

目をつぶると四万十川の風景が浮かんできそうです!

茹で上がった麺はスグに冷たいお水で、〆ます!

 おっ!!麺職人のノリ君です!!!龍馬マラソン以降・・・またメタボな生活・・すでにウエストは102㎝のメーター級・・・

のり君とは対照的に、キュッと締まった、青のりうどん・・トレーへと取り分けて・・

 マイナス50℃で急速冷凍して、茹でたての食感と風味を閉じ込めます!

約40分・・カチンコチンになった麺を、トレーから取り出し

包装すれば完成です!

 食べる時は、たっぷりの湯で4分程度茹でれば・・四万十青のりの鮮やかなグリーンと何とも言えない香りが、そのまま蘇りますよ~!

 四万十川の恵み、天然青のりを使った、自信のうどんです!是非おお問い合わせ・お求めは麦屋のホームページをご覧ください。

http://www.mugiya.net/

第23回・四万十川ウルトラマラソン麦太レポ・前編

 こんにちは!麦太です。麦屋スタッフは社長初め、3名が第23回四万十川ウルトラマラソンに参加してまいりました!!その模様を麦太がGoPro片手に写真や動画を撮りまくって、ボリュームウルトラ級でレポします。ってか・・GoPro片手に100㌔ですか・・(汗)

でわっ・麦太レポ前編のスタートです!!

 四万十川ウルトラマラソン100K の大会受付は前日のみとなっております。いつも一緒に練習する走援隊の方々はお昼前には受付終了したようですね~

 お店にも沢山のウルトラランナーさん達が、うどんを食べにきて頂きましたよ~うどんPOWERで明日は楽勝ですね~

 うどん店の営業が終了して、社長と麦太は近くの受付会場・安並運動公園体育館へと・・

 沢山の人ですね~外の駐車場には県外ナンバーが多かったのにびっくりです!

麦屋の社長も受付完了!!

 社長は明日・・100Kサブテン(10時間切り)を目指しております!!(凄)まあ余裕でしょうけどね~

 参加賞チェック~・・四万十川ウルトラマラソンTシャツと協賛会社「日清製粉」カップヌードルとチキンラーメンが入ってました!!

  さてと・・明日の天気は・・・やはり雨・・気温も低くて・・初ウルトラの麦太には過酷ですよ・・(涙)

午後8時就寝~日付が変わって2:00起床~

 安並公園から無料シャトルバスに乗ってSTART会場の蕨岡中学校グランド(わらびおか)に到着です!雨が降り続いていて、グランドはもう、田園状態・・じゅるじゅる・・

 泥リッチにならないように、牛歩しながら手荷物を預けに向かいます。スタッフの方々がコンパネを敷いて頂いていたので、なんとかシューズを汚さずに済みましたよ(感謝)

 高知市内から参加の「まるランニングクラブ」のI兄弟さん・Mさん親子さんです!!ナイスな笑顔ですね~M親子さん!昨日はうどんを食べに来て頂きありがとうございました。

 社長は早々と走援隊のK&Yさん・広島から参加のYちゃん・高知市内から参加のOくん!と最前列でスタンバイ!!

 麦太は・・朝の大事なお努め・軽量化に並んでました!START時間3分前に軽量化作業終了~ぎりぎり~START地点へと!!なんとか最後尾にロックオンw

 AM5:30!!STARTです・・ゆっくりとウルトラランナーの群れが、長い旅へと動き始めます。いってきま~す!!

 コース上は真っ暗ですが・・ボランティアの方々が車のライト等で照らして頂いているおかげで、安心して走ることができます。

 空が明るくなってきましたが、雨はサ~って感じで冷たく降っています・・これ以上激しく降りませんように(念)

 それにしても凄い数のランナーです、2398人のランナーが参加しているそうです!!

 段々と道幅が狭くなってきました・・平坦に見えますが、実はゆる~く、登っているんです(汗)

 走りながら、参加者同士が話をしたりできるのもRunイベントの楽しみです!ゼッケンには選手の都道府県が記してあるので、話しかけやすいです~ピース&笑顔でポーズして頂いたのは三重県からご参加の女性ランナーさん達です~

 徳島から参加されている☂ランナーさん!雨の時はいつも傘をさして走るんだそうです!!(凄)追い風の時は楽らしい??

 Runイベントの楽しみ・コスプレランナーさん!全身タイツ&レインボーアフロのランナーさんは京都からご参加だそうです!京都でそんな恰好してたら、美観を損ないますって注意されるかも(笑)

 魚ぎょギョ~!!おさかな君もお馴染みの、コスプレランナーさんですよね~お久ぶりです~

 お坊さんのコスプレランナーさんも!!兵庫県からご参加だそうです!一休さんですね~ありがたや~合掌<(_ _)> 

 スタートから16㌔序盤の難関ポイント、堂が森への登りが始まりました!!一気に斜度がUPします、頂上まで約7㌔・・・

 歩いて登ってる方が多いです!ここで無理して脚を使ってしまったら・・後半持たないらしいです。??前方に、なんか風船を頭につけたランナーさん達が??

 実はフィニッシュサポートランナーさん達でした!制限時間14時間以内で完走できるように、完走請負ランナーとして走ってくれてるんです!って事は・・サポートランナーさんから遅れると・・タイムアップって事です(汗)さてと・・お先に~お世話になりませんように(念)

 標高が高くなるにつれて、気温も⤵って、たぶん15度くらい・・雨もボタボタと冷たく体を濡らしてくれるので・・体感温度はもっと低い感じです。念のためビニール袋で作ったカッパをもう一枚プラスしときます。

  やっと堂が森・峠の上(600m)まで登ってまいりました~とりあえず、補給ポイントではオニギリやバナナを食べときます。

 やっと登り切ったと思ったら・・次はキツイ下り坂が5㌔程続きます・・ここも飛ばし過ぎると・・脚がなくなっちゃいますので慎重に・・・ってか重力に引っ張られて止まらない~だれか~止めて~

 何とか激下り坂をクリア~ 後は野々川沿いを、ゆる~く下って10㌔程度で四万十川へ抜けるだけです・・でも下り坂ですから・・ここも飛ばし過ぎないように注意です。

 30㌔地点通過~あと6㌔ぐらいで、第一関門です!時間的には余裕な感じ・・でもなんか左脚に違和感が・・(汗)

 やっと四万十川にご対面です!!奈良県からご参加のお兄さん、初四万十だそうで・・四万十川をみてテンションUPでピース!!

 スタートしてから4時間15分で第一関門到着です!予定では関門時間の1時間前でしたが・・ちょいと遅いかも・・ペースが上がらない(焦)

 コースは昭和地区から橋を渡って、いったん国道381号へと60㌔コースのスタート地点・十和地区へ!

 冷たい雨の中・・沿道にはたくさんの応援の方々が!!ありがたや~合掌~

 今日はなんか一休さんと並走する事が多くなってきました。お話上手で気がまぎれます!リアルな同行二人で、これまた、ありがたや~合掌

 十和地区に入って、すぐに橋を渡って対岸へ!!40㌔チェックポイントを通過~

 コースには20㌔毎に計測POINTがあります~シューズにつけたチップが反応してPiPiっぴ~って音がきこえてきます!!

 ちょうどその頃・・サブテン狙いの社長~~53㌔地点の半家沈下橋を余裕でクリアー!!

 あれれっ・・またまたトイレ済ませてたら、いつの間にか・・14時間ペースランナーさん達が後ろから・・(汗)40㌔過ぎてからそれに左足の痛みが強くなってきてます・・

 やっと100㌔の半分・50㌔地点を通過です!!しかし、左膝辺りの痛みが激痛化して・・14時間ペースランナーさんについてゆくのもシンドイ・・マジヤバいかも・・(冷汗)

 

さあ~前半のレポはここまで!!次回予告です!!!

 どっぷりと日も暮れて・・漆黒の暗闇&左脚の激痛・・・もう走れませんよ~意識もうろう状態・・ナニコレ??四万十川ウルトラマラソンで、ウワサの光るアイテムを手渡された麦太!!!これはヤバい・・マジで・・

 さあ~麦太は時間内に完走できるのか!!社長のサブテンはどうだったのか???

次回、後半レポをお楽しみに~麦太でした!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四万十秋の味覚・麦屋のツガニうどん

 こんにちは!麦太です~

 最後の清流と言われる四万十川。その川を代表する秋の味覚の王様!!ツガニが今年も入荷いたしました~麦屋ではイベント出店用に毎年、ツガニうどんを作るんです!

それにしても元気なツガニですね~

 それにデカい・・・この立派なハサミにはさまれるとやばいです・・(汗)

 丁寧に下処理してから、大きな寸胴鍋でじっくりと煮込んでゆきます。

 早速・・茹でたてを味見!!おお~カニ味噌がたっぷり・・濃厚で甘みがあってクリーミー・・海のカニよりも数倍濃厚なお味です!!

 その後、いったんカニを取り出し、出汁が出やすいように再度下処理後、再び煮込みます・・カニ味噌が溶け出してきたら、調味料を投入してツガニうどん出汁の完成です!!もう厨房いっぱいにツガニの香りが充満してます。

 麦屋特製ツガニうどんの完成です!!このカニ味噌が溶け出した絶品お出汁に、麦屋のうどんを絡めて食べると・・わお~ツガニの旨みがお口いっぱいに広がります(旨っ)あ~今年も四万十川さん有難う!!

↑↑↑↑↑ツガニうどんメイキング映像!!↑↑↑↑

 麦屋特製のツガニうどんは以下のイベントでご提供させて頂きます。

10月27(金)28(土)29(日)に高知市錦川湖畔みどりの広場で開催される「フェスティバル土佐 第46回

11月11日(土)黒尊むら祭り

12月2日(土)12月3日(日)サンメッセ香川で開催「全国年明けうどん大会 in さぬき

是非ツガニうどんを食べてみてください。

 

麦太でした。