うどん工房 麦屋業務用冷凍うどん卸販売
業務用冷凍うどん 卸販売

中小規模の蕎麦店のうどんについての問題を解決いたします。  

あなたは次のうちどちらのお店のうどんが食べたいですか? 

ちなみに出汁や具材は同じとします。 

  1. 1、一般の量販店や業務用スーパーで販売されている冷凍うどんをつかった「かけうどん400円」
  2.  2、そのお店のために特別に作られ、製麺所から直接仕入れている冷凍うどん「かけうどん500円」   

もしあなたが1を選ぶのであれば、これ以下に書かれている情報はあなたに向いていないので、サイトを離れて、価格重視の商品が買えるサイトに移ることをお薦めします。2を選ばれるのであれば、このまま読み進めてください。きっとお役に立てることと思います。 

 

 

  繁盛店がこっそり仕入れる「冷凍うどん」 
この度は、「本当にこだわっている蕎麦屋さんが使っている冷凍うどん」のホームページをご覧いただきまして誠にありがとうございます。     

こだわりを持って営業をされているお蕎麦屋さんにとって悩み事の一つに「うどん問題」がありますよね。  2000年以降うどんは全国的に市民権を得て、あちらこちらでうどん専門店が出店をしています。その中には大手と言われる「○亀製麺」さんとか「はな○うどん」さんとかありますが、ほんと普通に美味しいですよね。 

そういったうどんに親しんだお客様が増えると、お蕎麦やさんに来店されてもうどんを注文される方の要求が上がってきております。又別の理由(蕎麦アレルギーとか)でお蕎麦を召し上がらない方も増えてきているようです。 
 
私がお蕎麦屋さんの力になりたいと思った理由
自分でお蕎麦を手打ちするお店のオーナーさんの多くは、うどんも手打ちで出していたりするのです。

が、そこはやっぱり蕎麦屋さん。蕎麦の方が圧倒的に売れる訳です。

しかしうどんもメニューに載せておかなくてはいけない。

でも手打ちをすると想定するほど売れなかった時のロスが出るし、予想以上に売れた時の追加も簡単には出来ません。うどんは蕎麦の3〜4倍の茹で時間がかかります。 生うどんを仕入れるにしても消費期限の問題がありますし、茹で時間に関しては手打ちと変わりません。
半生麺やゆでうどんは業務用としては論外です 。
   かといって、一般の業務用スーパーや卸屋さんで販売している冷凍うどんでは、自家製蕎麦やうどんとのクォリティーの差が歴然としていて使えない。使ったとしても蕎麦と同じ価格では売れないと言う訳です。(良心の部分でということですね。)

 

私どもは1990年代から冷凍の業務用の冷凍うどんを製造販売する製麺所ですが、最近ではお取引先様の中でお蕎麦屋さんとのお取引の割合が多くなってきていました。
しかも長くご愛顧をいただいているお取引先様の多くはお蕎麦やさんだったりするのです。

そこで、その理由を訪ねて全国のお蕎麦やさんへお話を聞きに伺いました。で、麦屋のおうどんをお蕎麦屋さんが長く扱っていただいている理由本当の理由をお聞きする事ができたのです。

(その「本当の理由」は後ほど紹介をさせていただきます。 )

 

  蕎麦屋で「うどん」を売るのは「おいしい」ことかも!?   

麦屋のような「手打ちうどんを冷凍している」冷凍うどんはよそにはほとんどないのだそうです。

大手メーカーの多くのうどんは「冷凍うどん用に大量生産されたもの」だからです。

そばの主原材料である「そば粉」とうどんの原材料「小麦粉」の価格差がかなりあるため、そばはうどんに比べてどうしても高い価格設定になります。

ですので蕎麦屋さんで販売をされているうどんはだいたい蕎麦と同じ値段です。天婦羅蕎麦1000円で天婦羅うどん800円なんてお店はほとんどありません。蕎麦と同じ価格で販売する、又は出来るのであれば、業務用うどんには品質と味さえ良ければ、少々高いものでも仕入れる事が出来るのです。 (これが本音の部分ですね)

 

 うどん専門店や定食屋さんからすれば、蕎麦屋さんでのうどん販売は本当に羨ましいのです。

最近はうどんの販売価格が下がってきています。さぬきうどん系のセルフサービスのお店の影響もあるかと思いますが、1杯のかけうどんで200円代は普通になりました。

本格的な蕎麦屋さんなでかけそば200円代はそうそうないと思います。安くても400円代、高いところなら600円以上で販売されるお店もあるでしょう。ということはうどんもその金額で販売できるのです。

蕎麦に比べれば販売数量では劣るかもしれませんが、もし全て手打ちで原価だけを見れば「おいしい」メニューなのです。もちろん、冷凍うどんを仕入れる場合、原価だけ見れば自家製手打ちの方が安く上がる場合が多いでしょう。

しかし、お店のお蕎麦のクォリティーに負けないものであれば、仕込みや労力、ロスがない分売上原価としては安い場合が多いと思います。   

 

日本一小さな冷凍うどん製麺所から直送

私どもうどん工房麦屋(会社名 株式会社カツマジャパン)はおそらく日本一小さな冷凍うどんメーカーだと思います。それほど急速冷凍設備というものは初期投資がかかるものなのです。
その小さな製麺所だからこそ、大量生産で効率を追い求めるうどん作りの逆を行く、手打ちうどん屋さんと同じ工程でのうどん作りを行えるのです。
そしておろしを挟まず、ダイレクトにお客さまにお届けいたします。

しかし小さい事は良い事ばかりではありません。生産量も限られております。
私どものうどんを多くのお客様が食べたいとおっしゃっていただけるのはありがたい事なのですが、どう頑張っても限界があります。


今回春に向けて、どうしてもお蕎麦やさんのお役に立ちたかったので、なんとか月間生産量を増やす事ができ、全国で約30店舗のお蕎麦屋さんへご提供できる目処が立ちました。
全国で30店舗と申しますと、都道府県に1店舗ありません。
本当に申し訳ない事ですが、現状ではこれが精一杯の事です。あまり急激に生産量を増やして、品質や味が犠牲になってしまってはどうしようもありませんから。

通常弊社ではサンプルのご依頼を頂いた際には、送料と代引き手数料(1500円程度)をいただいておりますが、この度お蕎麦屋さんへの特別オファーとして、「お蕎麦やさんに最適うどんお味見セット」を送料も無料でお届けをさせていただきます。
ただし限定60セットで、GW間際になりますと通常製造で大変混み合いますので、4月21日までにお申し込みをいただきました方までとさせていただきます。
今すぐお申し込みください。

 

 

こんな方にオススメです

  • 他のお店とは違う、こだわりのうどんを出したい
  • うちのお客様には、美味しい物を食べていただきたい
  • お店のクオリティーに見合ったうどんが欲しい
  • 堂々とどこで作っているうどんかを言えるうどんが欲しい
  • 早く、そして美味しくゆであがるうどんが欲しい

うどん製造メーカーから直接販売

麦屋のうどんをお使いいただくと、味・品質はもちろん、お店の差別化・ブランディング、流通コストのカット、メニューやスタッフさんへのアドバイス、素早いサポート体制など、うどん製造メーカーから直接仕入れる様々なメリットを感じていただけることと思います。

麦屋のうどんを使うメリット

  • 他店との圧倒的な差別化が図れる
  • 小ロット対応
  • 簡単に手打ちうどんの食感が提供出来る
  • メーカ直接取引だから、中間マージンが皆無
  • 国産小麦100%である
  • うどんのプロによるメニュー提案を受けられる
  • うどん専門店ならではのアフターフォローが充実
  • スタッフさんへのアドバイスができる
  • 四万十川の清流イメージを打ち出せる
  • お子さんにも安心して食べていただける

推薦者の声をいただきました

今までうどんはあると言う程度でしたが、
今では一番売れるメニューになりました!

高知県 観光関係

正直他のお店にはお勧めしたくないのですが、月間1万食しか出来ないと言う事で、うちの近くで仕入れる所は出てこないだろうと思って推薦します。
うちは観光関係のお店で、料理担当は女性二人です。手の込んだメニューもありますが、出来ればうどんやラーメンなど調理が簡単な物が出てくれた方が助かります。この極太うどんは他のうどん店や飲食店との差別化に多いに助かっています。まだ扱いだして数ヶ月ですが看板メニューになりました。最初は今までのうどんと同じ価格で販売していましたけど、一ヶ月後に100円値上げをしました。530円から630円にしました。麦屋さんのアドバイス通り最初から100円上げとけば良かったと思っています。うちでは主にカレーうどんに使っています。あの麺のモチモチ感とカレーがうまく絡んで凄く好評です。

このうどんとつゆで多店舗展開を目指しています!

愛知県 飲食関係

このうどんに出会えた事に本当に感謝しています!運命の人に出会ったような感じです。
当店で開発したスープを使ってうどん店を開店する事を計画していたのですが、なかなか合ううどんが無く、オープン予定日もあと20日と迫っていた時に出会いました。サンプルを送ってもらたその日に試食をして即決定しました。このうどんとつゆで多店舗展開を目指しています!

ラーメンに近い価格帯ですが、
お客様からは「高い」といった印象は受けません。

東京都 飲食関係

畑違いの業界から長年の夢であるうどん店をオープンさせる事にします。
麺は個人でお取り寄せをしている時から「うどん屋をするなら麦屋さんの麺で」と思っていました。オリジナルスープのつけ麺うどん専門店ですが、麦屋さんのうどんがよくからんで人気も上々です。価格も普通のうどん店に比べると少し高め、ラーメンに近い価格帯ですが、お客様からは「高い」といった印象は受けません。小さなお店ですが沢山の方に食べていただきたいと思います。

夏場には極細うどん、冬場には極太うどんなどお客様に
楽しんで頂けるよう毎月新メニューも出すようにしています。

熊本県 うどん店

建設会社の社長をしている私が個人名義でうどん店を始めました。
当初は讃岐の生麺を仕入れる予定にしていたのですが、素人集団が扱うには茹で時間の管理や、賞味期限の短さから来る在庫管理など大変な事が多く、麦屋さんの冷凍うどん1本でオープンする事にしました。
オープンにあたり何から手をつけて良いのか分からない事だらけでしたが、様々な事例や経験をもとに多くのアドバイスを頂きました。又、麦屋さんの提携しているデザイン事務所さんが九州にあるという事でしたので、その会社さんの全面サポートを受け、3週間と言う異例の早さでオープンをさせることができました。
麦屋の社長さんにもオープン前2日間私のお店に来て頂き、調理やメニュー、接客など細かい指導も頂きました。
まだまだ接客業に慣れていない私どもで、お客様をお待たせしたりオーダーを間違えたりと、色々と反省する日々ではありますが、地元では徐々に繁盛店になりつつあります。
現在(平成25年7月現在)オープン3ヶ月ですが、2店舗目も考えております。
味は言われた通りに調理をすれば間違いありませんので、いかに現場のスタッフが良い対応をするかだと思います。
夏場には極細うどん、冬場には極太うどんなどお客様に楽しんで頂けるよう毎月新メニューも出すようにしています。

地元の特産品とのセットで一番人気メニューになりました。

高知県 道の駅

高速道路の延伸もあり、今まで以上のお客様にレストランをご利用頂いております。

しかし、繁忙期のお昼時ともなると料理の提供に時間がかかってしまい、大変お待たせをする事も多くありました。

麦屋さんが夏場限定で生産されている「極細青のりうどん」と地元の名物どんぶりのセットをお薦めにしたところ、そのセットをご注文頂く方の比率が大変多くなりました。おかげさまで、料理の提供時間も比較的短くなり、お客様にご迷惑をおかけする事も少なくなりました。冷凍うどんは調理時間も短くオペレーションも簡単ですので、セットメニューに組み込むには最適だと思います。

この調子でうどんを使った冬場のセットメニューも考えています。

料理の締めで使っています。

東京都 肉料理専門店

比較的高価格帯の店舗であるため、お客様にもそれなりのものを提供しなくてはという思いで、インターネットで探したところこのうどんに巡り会いました。

取引を開始するまで様々な質問をさせていただきましたが、全てにおいて丁寧にお答えいただきましたので、うどんの味もそうですが、麦屋さんの対応にも惚れ込み取引を開始させて頂きました。

当初はお客様に提供するのに、オーダーがあってから湯がいていたものを、このうどんを使い始めてゆがいて30分は十分に提供出来るレベルにありますので、オペレーションも楽になり、お客様への提供スピードも上がりました。

今までより100円高い価格で提供していますが、「おいしくなったね」とは言われても「高いね」とは言われません。

今後は違った麺(極太とか)も使っていきたいと思っております。

麦屋のうどん取扱い店舗様

※必ずお読みください。
現在、大変多くのお問い合わせを頂いております。中には個人的にちょっと食べてみたいと言った感覚でサンプル依頼をいただく場合もございます。
弊社ではお問い合わせをいただくお店のことを本当に理解をし、最善のご提案をさせていただきたいと考えております。それにはお客様の現在置かれている状況や、今後進んでいきたい方向性をしっかりとお聞きした上で、アドバイスも含めご提案をさせていただきます。状況によってはお客様のためと思い、他社製品をおすすめしたり、出店やオープンを焦らないようにアドバイスをすることもございます。
よって、お問い合わせをいただく際には、できるだけ詳細な情報をお教えくださいますよう、よろしくお願いいたします。又、サンプルのお届けは、お問い合わせをいただいた方に弊社から幾つかの質問をさせていただきます。その質問の返答後に、必要であればお届けをさせていただくようにいたします。
中には、開店間際になっても納得のいくうどんが見つからずお急ぎの方もいらっしゃると思います。そんな場合はフォームでのお問い合わせ後お電話をくださいますようよろしくお願いいたします。

 

 

 

業務用冷凍うどんのご案内

四万十のおいしいうどん

四万十のおいしいうどん

平成5年の操業開始以来23年間、ずっと変わらぬ支持を得て来た、業務用うどんの定番です。 少し太めの麺があらゆる地方、世代のお客様に受け入れられています。

原材料:小麦粉、食塩

内容量:220g、250g

賞味期限:製造より180日

卸価格:お取り引きの状況に応じて設定させて頂きます。

四万十川の青のりうどん

四万十川の青のりうどん

麦屋が日本一の生産量を誇るうどんです。

四万十川流域にある麦屋ならではのうどんです。天然の青海苔の風味が貴店のメニューにアクセントを与えます。創作系のお店や、観光関係のお店で人気です。

原材料:小麦粉、澱粉、食塩、青海苔粉

内容量:220g

賞味期限:製造より180日

卸価格:お取り引きの状況に応じて設定させて頂きます。

四万十の極太うどん

四万十の極太うどん

平成23年に商品化した、モッチモチの極太うどんです。当初はカレーうどん専用でしたが、このうどんのみで営業をされているうどん店さんもあるほどの人気うどんになりました。国産小麦×四万十の水ならではの「モチモチ」とした食感が存分に味わえるうどんです。

原材料:小麦粉、食塩

内容量:220g

賞味期限:製造より180日

卸価格:お取り引きの状況に応じて設定させて頂きます。

四万十の流しうどん

四万十の流しうどん

麦屋の冷凍細うどんです。

定番の「四万十のおいしいうどん」より少し細めのうどんです。大手メーカーの業務用うどんに近い太さです。特に夏場のお客様が多いお店やカフェ、居酒屋さんなどで取り入れられています。

原材料:小麦粉、食塩

内容量:220g

賞味期限:製造より180日

卸価格:お取り引きの状況に応じて設定させて頂きます。

お祝いうどん 紅福(紅白うどん)

お祝いうどん 紅福(紅白うどん)

麦屋のうどんに対する独創性と技術力を取り入れたうどんです。1本の麺が紅白2色になっており、婚礼やお祝い事、お正月など、おめでたい席で喜んで頂いております。

原材料:小麦粉、食塩、梅粉末、コチニール色素

内容量:220g、170g

賞味期限:製造より180日

卸価格:お取り引きの状況に応じて設定させて頂きます。

麦屋オリジナル濃縮かけつゆ

麦屋オリジナル濃縮かけつゆ

鰹の風味豊かな麦屋オリジナルのかけうどん用つゆ。使い方は、つゆ1:お湯10で割るだけです。うどんつゆだけではなく、煮物、下味付けなど、幅広くお使いいただける、コストパフォーマンスに優れた20リットルのリキッテナー(ポリ容器でゴミ出しが楽な)タイプです。

また、約80食分の2リットルペットボトルタイプもございます。お店の使用頻度によってお選びください。

麦屋オリジナル濃縮つけつゆ

麦屋オリジナル濃縮つけつゆ

鰹の風味豊かな麦屋オリジナルの釜揚げ、ざるうどん用つゆ。使い方は、つゆ1:お湯又は冷水5で割るだけです。コストパフォーマンスに優れた20リットルのリキッテナー(ポリ容器でゴミ出しが楽な)タイプです。

また、約80食分の1.8リットルペットボトルタイプもございます。お店の使用頻度によってお選びください。

麦屋オリジナル無添加つゆ

麦屋オリジナル濃縮つけつゆ

麦屋オリジナルの無添加濃縮つゆが出来ました。かけうどん、つけうどん、温冷ともにご使用いただけるコストパフォーマンスに優れた20リットルのリキッテナー(ポリ容器でゴミ出しが楽な)タイプです。

また、1.8リットルペットボトルタイプもございます。お店の使用頻度によってお選びください。(参考までに、かけうどんですと約50食分です。食べ方により割る割合が異なります。

御社だけのオリジナル冷凍うどん製造いたします(OEM)

小ロットで四万十の水を使った、御社だけのオリジナル冷凍うどんを作りませんか。お店の目玉になりますよ。
例えば「地元の小麦粉持ち込み」「特産品を練り込む」「太さや量の変更」など様々なご要望にお応え致します。
(写真は、福岡県の奥八女で愛情たっぷりに育てられた極上の玉露を練り込んだ玉露うどんです。)

通常ロットは500食程度ですが、最小ロットは約30食〜最大10000食以上まで対応可能です。うどんの価格や開発費用などは、お問い合わせフォーム、もしくはお電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL:0880-34-8031
OEM生産担当:毛利 仁人(もうりよしと)
※現在新規のOEM開発は月1件とさせていただいております。ご希望の場合は一度お問い合わせをください。開発スケジュール等を調整の上、お受けできるかご返答をさせていただきます。

玉露うどん

 ※サンプルのお届けには、送料と代引き手数料で1,200円(税別)必要です。(サンプル代金は無料です)