>> すぐにお買い物コーナーへ行く

お中元うどんカタログ

麦屋のうどんはギフトから始まりました。

現在はインターネットの発達もあり、ご自宅用のお取り寄せとしてご利用頂く事も多くなりましたが、1990年代はお歳暮やお中元など、主にギフ トのうどんとしてご利用頂いておりました。今後ともお届け先様にはもちろん、贈り主様にも喜んでいただけるうどんを作り続けて参ります。

お中元の時期

大まかには、東日本(特に関東)では7月15日ごろまで、西日本(特に関西)では8月15日頃までに送ります。ただ、西日本でも7月に贈っても「少し早いお届けものだなー」と思われるくらいで、問題は有りません。むしろ8月15日を過ぎるよりは早いくらいが良いのではないでしょうか。

もし、お返しが8月15日を過ぎるようですと、「残暑お見舞い」としてお届けします。 関東では7月15日までにお届けするのが風習ですが、これも8月にならない用にすれば、問題は有りません。やはり東日本にお住まいの方にお送りする場合は6月下旬から7月下旬までにお送りする方が良いと思います。

西日本にお住まいの方にお贈りする場合には、6月にお届けするのは避けた方が良いです。早くて7月に入ってからお贈りする事をおすすめいたします。

熨斗(のし)について

お中元

お中元の熨斗はお盆(旧盆)までで、お盆を過ぎると「暑中お見舞い」「残暑お見舞い」にするのが一般的ですが、東日本であれば7月中、西日本は8月15日までは「お中元」の熨斗(のし)で大丈夫です。

8月15日を超えるようですと全国的に「残暑お見舞い」にした方が良いと思います。この辺りはお届けする方の出身地やお住まいにより意見が分かれる事ですので絶対のものではありません。

これまで20年間、様々な地方からお中元をご用命いただいている経験からのご提案です。

>> すぐにお買い物コーナーへ行く

ライン

お中元うどんお中元うどん お中元うどん3 お中元うどん4 お中元うどん5 お中元うどん6 お中元うどん7

商品一覧

該当商品はありません

商品お品書き

おしながき

うどんの種類

    四万十うどん

    奥四万十の極太うどん

    四万十川の青のりうどん

    紅白うどん 紅福

    四万十の流しうどん

    奥四万十の極太カレーうどん

    うどんセット

    ご自宅用エコなうどんセット

    麦屋特製うどんつゆ他

麦屋について

麦屋お客様係

いらっしゃいませ。うどん工房麦屋の毛利かよです。

麦屋のうどんは四万十川水系の水で練った自然が作り出したおいしさです。

ご自宅で本格こだわりうどんをご賞味下さい。

麦屋のブログ

麦屋の業務用販売

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

googleストリートビュー

店舗内googlストリートビュー

店舗内googlストリートビュー

ページトップへ