生きくらげ栽培への挑戦|フォレストファーマーズ下切

若い人が豊かで安心して暮らせる場所を作りたい

フォレストファーマーズ下切 宮川代表

高知県でも高原地帯に位置する典型的な山村の三原村は過疎化が進行し、平成 2 年には2,000 人いた人口も、今では 1,490 名(令和 2 年 4 月末時点)まで減少しています。
その中でも下切地区は特に小さな集落ですが、そこで本業とする林業以外にも就労の場を作りたいと、生きくらげの栽培という新たな事業に挑戦する団体が、 「フォレストファーマーズ下切」です。

この生きくらげを天ぷらにして提供している麦屋が、フォレストファーマーズ下切の宮川代表を取材させていただきました。

フォレストファーマーズ下切は職員が6名、従来は1年の半分は本業の林業で生計をたてていました。しかし、林業は年間を通じて継続的な収入がある訳ではなく、女性はもちろん若い方が生涯安心して出来る仕事でもないと考えていた宮川さんは悩んでいました。

「何とか地域を守りながら、若い人が豊かに暮らしていく事ができないか」

そこで、林業の傍らに残りの半分の期間を有効活用してハウス栽培を手掛け始めたのである。林業は誰しもが出来る仕事ではないが、ハウス栽培なら女性にもできる、また将来性のあるビジネスであれば若い人だって希望をもって取り組んでくれると考えたのです。

生きくらげ栽培を始めた訳

老止木耳(おとめきくらげ)

これまでにイチゴの栽培を行っておりましたが、いま最も力を入れているのが生きくらげの栽培です。きくらげはよく料理にも使われていますので好きな方も多い食材ですが、実は国産品は全国的にも珍しく、なんと流通しているきくらげの内のわずか 3%だという事です。その多くは中国産のため、国産の栄養価が高く美味しいきくらげの栽培に成功できれば、きっと多くの方に喜んで食べて頂けると信じてスタートしました。
しかも栽培農家はまだ全国的にも少なく、そこにはビジネスとしても大きなチャンスがあると将来性を感じた事も理由です。

自然豊かな三原村は、フォレストファーマーズ下切のハウスの上にもあまり人も住んでおらず、建物はないのですが豊富な谷水(天然水)があります。
この自然の恵みを、きくらげ栽培に生かすことができるのは本当にラッキーだったそうです。まだ挑戦は始まったばかりですが、生きくらげの栽培に成功した後には椎茸にもチャレンジする予定です。

今の取引先は地域の道の駅や市内の店舗ですが、いずれ三原村ブランドの名産品として全国にお届けする事が目標です。


老止木耳(おとめきくらげ)
地域の女性グループ「老止クラブ」に因んで命名しました。
キクラゲには食物繊維やビタミン D など、美容や健康によいとされる成分が豊富に含まれ
ていると言われています。
国産の「生」キクラゲで、もちもちとした食感が特徴です。

麦屋がきくらげ天を提供するようになった経緯

フォレストファーマーズ下切 の生きくらげ栽培
老止木耳(おとめきくらげ) を天ぷらにする

麦屋で取り扱う事がきまったのは、「フォレストファーマーズ下切」の宮川代表が突然お店に現れてきくらげのプレゼンを行った日が切っ掛けです。
最初は「なんだこの人は!?」って思いましたが、あまりの熱意と、生きくらげの希少性に興味が湧き、サンプルをいただいて試作をすることに。

うちの女性スタッフが「生きくらげはコラーゲンがあって女性に人気だ!」
とか、「コリコリして美味しい!」とか言うもんですから、それで即採用となった訳です。
※あくまでもスタッフの個人的な感想です。笑

お店でも提供を開始してから、少しずつファンがついていましたが、爆発して売れ出したのが、昨年秋に東京神田にある「むぎくらべ」さんに出展をした時です。

当初1日あたり、きくらげ天の入ったうどんは10食程度かと思っていましたが、 その3倍以上!!30食から40食のオーダーがありびっくり!!

特に女性に人気だったのです。
この人気を受け、本格的に生きくらげを多くの方に食べていただくにはどうしたら良いかをスタッフと考え、このきくらげ天をうどんのトッピングとして通販できるように商品開発したのです。
全国の美味しい食材をうどんと一緒にお届けする事をミッションとする麦屋でも、本当にやりがいのある取り組みであり、全力でこのフォレストファーマーズ下切を応援していきます。

是非、三原村の愛情のこもった生きくらげをお召し上がりください。

四万十うどん工房麦屋オンラインショッピング
https://www.mugiya.net/

むぎくらべホームページ
https://mugikurabe.com

むぎくらべで提供した麦屋のうどん
むぎくらべに出展

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[会社名] 株式会社カツマジャパン
[URL] http://www.mugiya.net/
[代表者] 毛利仁人
[住所] 〒787-0009 高知県四万十市佐岡 541
[電話番号] 0880-34-8031 [FAX] 0880-34-8032
[E-Mail] info@mugiya.net

【先行発売】四万十鶏カレーうどん(大人のスパイシーVer)

○━●━━○━━●━━○━━●━○

会員限定価格

四万十鶏カレーうどん 6食セットを

送料込み 4,536円(税込)にてご提供致します。

 

通常4食セットのこの価格を

料金はそのままで2食分を追加サービス

させていただきます。

 

頂いたご恩は1.5倍返しです!!

○━●━━○━━●━━○━━●━○

販売期間:5月25日(月)~5月31日(日)

ご注文はコチラから

https://www.mugiya.net/SHOP/sgc-6.html


今後も会員の皆様に喜んでいただけるような

企画を考えてまいりますので、

是非引き続きよろしくお願い申し上げます。

四万十うどん工房 麦屋(株式会社 カツマジャパン)

〒787-0009 高知県四万十市佐岡541

問い合わせ:shop@mugiya.net

電話:0880-34-8031

FAX:0880-34-8032

営業時間:9:30~17:30(平日)

定休日:土、日、祝

麦屋ポイント10倍キャンペーン

うどん工房麦屋のポイント10倍キャンペーン
この期間は購入ポイントが10倍になります。通常ご利用金額の1%をポイント還元いたしますが、なんとこの期間は10倍の10%のポイントが還元されます!
是非この期間にご利用頂けますようお待ちしております。

まだ会員になっていらっしゃらないお客様は是非この機会にご入会お待ちしております。

今後も会員様に喜んでいただけるような企画を考えてまいります!!

ランチパスポート高知が麦屋でお使いいただけます

ランチパスポートって何?

ランチパスポートというのは全国の飲食店がちょっとお得に使える魔法のパスポートです!なんと掲載されている店舗にいくと、通常700円以上するランチメニューが500円(税込、税別あり)で食べられる、とってもお得なランチブックです。

和食、洋食、中華など様々なジャンルのお店が掲載されていて、掲載している店舗をめぐっているだけでも毎日がちょっぴり楽しくなります。もちろんランチタイム以外に夜使えるお店もあります

日本全国80エリア以上で発売されていて、テレビ、新聞、雑誌などでも数多く紹介されていて、大人気のベストセラーとなっています。

ランパス本はお近くの本屋さんやコンビニで買えますよ。他にも美味しそうなお店のメニューが沢山掲載されています。本をご持参下さいね
期間 : 5/25~8/24

高知版のランチパスポートがスタート

今日からいよいよ高知版がスタートです。
ほっとこうちさんが発行するランチパスポート
麦屋で使えるのはちょい辛のらーどんに、お好きなトッピング2品で500円
お得なのでぜひご利用下さい。

うどん工房麦屋 四万十製麺所
四万十市佐岡541
0880-34-8033
11:00~15:00
月曜〜土曜(しばらくの間は日曜日休業)
https://www.mugiya.net/

麦屋のカレーうどんの歴史(初代)

カレーうどん開発ヒストリー

麦屋のカレーうどんは、実はリニューアルを重ねて今度は四代目!!

【これはカレーうどんの開発ヒストリーです】
原型の初代は遡る事5年前に誕生しました。
その時にはタイカレーをペースに万人に食べられる辛さのカレーと
超激辛カレーを製品化。
当時四万十市で商品開発をしていただいていたグループとの共同開発です。

なぜ激辛カレーになったのか。。。

それは、当時四万十市が日本一熱い街(41°C 現在は熊谷市の41.1°C)だったからです。四万十市全体でも暑さを楽しめるように、食品会社や飲食店が激辛商品を開発しようという流れでした。
そこでできた2種類のカレー。

辛いの好きでも辛すぎるカレー

試食を重ねて誕生した激辛カレーですが、とにかく辛さがヤバかったです。
特に激辛カレーうどん用に開発したルウは、麦屋社長の毛利でも試食ができないほどの辛さ。
口に入れただけで飲み込めないのです。(^-^;)

しかし、スタッフの中で激辛好きがいて、その3人は「辛い!」と言いながらも完食!

これは激辛好きに喜んでいただけるかと、期間限定で提供したり、出展するイベントでも出したりしました。

しかし写真のとおりで、あまりに辛いために食べられる方は限りなく限定されてしまったのです。

しかも、スパイスがキツすぎて調理をしているスタッフまで涙が止まらなくなるという始末で、この激辛カレーは致し方なく断念。(正直やり過ぎ><)

結局、通常の辛さのカレーうどんのみの販売に致しました。(残念)


ただ、あの激辛カレーを懐かしむ声や、実は挑戦してみたかったという方の声もいただき、激辛カレーうどんは一定の評価を得ていた事がわかったのです。

その時から社長の毛利は心に決めていました!
いつか、あの激辛カレーうどんにもう一度挑戦したいと。。。

(開発ヒストリー後編に続く)
発売は6月1日に決定。5月から会員限定で先行販売致します。

四万十うどん工房 麦屋
https://www.mugiya.net/