高知県のタウン誌「ほっとこうち」さんのうどん特集で「四万十うどん工房麦屋」も紹介されました!

高知県のタウン誌「ほっとこうち」さんのうどん特集で
四万十うどん工房麦屋」も紹介されました!
 

 

しかも4箇所!!

 
取材の時に色々聞かれたけど、ランキングの為だったんですね!
 
麦屋は5つの項目のうち3つランキングしています。
 
一番意外だったのは職人歴で取材されたお店中7位(21年)でした!
20年以上も同じ職に携われてるなんてありがたいことです。
 
これからも皆様に愛されるうどんを作り続けていきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

「ほっとハート」さんが作る楽天で人気のJerrysポップコーン!

 
麦屋の良心市コーナーに新しい仲間が加わりました!
 
 
 
地元の共同作業所「ほっとハート」さんが作るポップコーン
 
ネットでも大人気なんですよ!
 
1袋150円とお得ですよね!
この味でこの価格。大人気なのも肯けます。
 
 
うどん工房麦屋 四万十製麺所
高知県四万十市佐岡541
電話0880-34-8033 営業時間11:00~15:00
月曜〜土曜(しばらくの間は日曜日休業)
 

麦屋のうどんの素材について

 
昨日今日と、2日連続で麦屋のうどん素材について
お問い合わせがありましたのでご紹介します!

麦屋の四万十うどんは小麦粉と、塩、水だけでできています。

コロナ渦中、食べるものにも随分と気を遣われる方が増えてきているのかもしれません。業務用うどん納品先のお店スタッフさんから「今、お客様から聞かれて。。」卵は使っていないのか?、小麦とお水だけでその他なにか入っていないのか?というものでした。

保存料なども一切使用していません。

 

余計なものは入れない、

安心して食べられる食品を作りたい!

 

をモットーに、毎日麺作りをしています。

食品アレルギーは体が痒くなったり気管が腫れてしまったりととても怖い症状がでたりします。弊社ではお蕎麦も作っていませんので、そばアレルギーの方も安心してお召し上がりいただけます。店舗様から気軽にお問い合わせをしていただける雰囲気ができているようで安心しました。

他に、混ぜ込み系のおうどん(青のりうどん、お茶うどん等)はどうしてもちぎれ易くなってしまうので、繋ぎとして少量の澱粉を入れています。
 
株式会社カツマジャパン
うどん工房麦屋 
高知県四万十市佐岡541
電話0880-34-8031 FAX 0880-34-8032
 

佐渡茶うどん「茶農家の店あすなろ」さんで新しいプロジェクトのミーティングです。

 
高知県仁淀川町にあります、「茶農家の店あすなろ」さん。
 
決して好立地とはいえないような場所ですが、
にもかかわらず大人気のお店です!
 
こちらで提供している「佐渡茶うどん」は麦屋で作らせて頂いていますが、
これからさらに面白い事を始めようと作戦会議中!
 
やっぱり同じ方向を向ける方と仕事ができるのは楽しいですね。
そのプロジェクトの進行過程も発信していきますので、乞うご期待!!
 
 
 

麦屋では飲食店用に専用に配合したうどんの製造卸販売も行っております。
もし店舗で使ううどんの製麺をお探しでしたら是非ご相談下さい。
https://www.mugiya.net/pro/

完全無農薬栽培のやまみずき農園さんから届いたかぼちゃを天ぷらでお届けします。

やまみずき農園さんは完全無農薬栽培なので、この時期は草引きが大変!

常に10種類以上の野菜を植えていて、時期や季節ごとの様々な野菜が収穫される。

住所は四万十市名鹿(なしし)

四万十川と太平洋が望める最高のロケーションです。

かぼちゃの収穫は7月上旬のため、今シーズンは終了。

今回仕入れたかぼちゃがなくなり次第で品切れになる人気商品です。

この丹精込めて栽培されたほくほくで甘いかぼちゃを天ぷらにします。

 

かぼちゃは固いので、「かぼちゃ切り専用包丁」で切ります。

次に天ぷら粉が剥がれないように粉をつけて揚げます。

かぼちゃは揚げ方があまいと硬くておいしくないので、

5分以上あげます。