林邸カフェで2020年冬の新作うどんがリリースされました

新メニュー冬の譲治-GEORGE-

林邸新作うどん

林邸は麦屋のうどんを使っていただいている高知県宿毛市(すくもし)にあるカフェの名称です。
地域密着型で、年代性別問わず足しげく地元の方が通う憩いの場になっています。
長時間、つい長居をしてしまうような居心地のよいお店です。コチラでは常に3種類ほどのうどんメニューを食事のメインでご用意頂いていますが、この冬のメニューが新作としてリリースしましたので、麦屋ブログでもご紹介させていただきます。

新作の名称は、その名も『冬の譲治-GEORGE- 宿毛産ケンボロー豚と宿毛柑橘の温玉肉うどん』

山本畜産さんのケンボロー豚は、柔らかく上質な旨味と風味を感じるロース肉を使用。
程よく甘辛くした豚肉と @naruta_citrus 成田果樹園さんの直七(時期により変更あり)香るつゆがマッチした、爽やかなおうどんです。

途中で温玉を崩して、味変するのもおすすめ。
宿毛のおいしい食材を詰め込んだ一品、ぜひご賞味ください。
 

麦屋ではこの様に飲食店からご要望をいただき、特製の麺を作って販売しています。麺の太さ細さはもちろん、硬さ柔らかさまでお好みで調整して製麺できます。
ご要望のお客様は是非麦屋までご相談下さい。
宜しくお願いいたします。

宿毛まちのえき
林邸カフェ
〒788-0001
高知県宿毛市中央3-1-3
0880-79-0622
http://hayashitei.com/

佐渡茶うどん「茶農家の店あすなろ」さんで新しいプロジェクトのミーティングです。

 
高知県仁淀川町にあります、「茶農家の店あすなろ」さん。
 
決して好立地とはいえないような場所ですが、
にもかかわらず大人気のお店です!
 
こちらで提供している「佐渡茶うどん」は麦屋で作らせて頂いていますが、
これからさらに面白い事を始めようと作戦会議中!
 
やっぱり同じ方向を向ける方と仕事ができるのは楽しいですね。
そのプロジェクトの進行過程も発信していきますので、乞うご期待!!
 
 
 

麦屋では飲食店用に専用に配合したうどんの製造卸販売も行っております。
もし店舗で使ううどんの製麺をお探しでしたら是非ご相談下さい。
https://www.mugiya.net/pro/

「寿し一」さんでも「青のりうどん」お召し上がりいただけます!

寿し一さんでも青のりうどんがお召し上がりいただけます!
 
やっぱり青のりうどんは
こうして冷たいうどんでシンプルに食べていただくのが一番。
玉子焼きがのっているのは、なんとなく四万十らしいですネ♪
 
ずいぶん永くメニューに使っていただています。
有難うございます。
 
四万十料理のラインナップに加えて頂きありがとうございます。
四万十うどんの名に恥じぬよう美味しい麺づくりに精進いたします。
 
 
  
【寿し一】
住所/四万十市中村大橋通6-2-28
TEL/0880-35-2853
営業時間/11:00~14:00
     17:00~22:00
定休日/不定休  
https://tabelog.com/kochi/A3904/A390401/39003517/
 

「中村第一ホテル」さんにて「青のり極細うどん」お召し上がりいただけます!

 
四万十市で中心的駅くろしお鉄道「土佐中村駅」
駅から徒歩1分足らずの場所にある「中村第一ホテル」さんで、
「青のり極細うどん」を使用いただいております。
 
清涼感ある「青のり天ざるうどんセット」。
暑い季節にぴったりですよ!
駅にも近いし、駐車場もたっぷりありますので、
汽車でも車でもお立ち寄りください。
  
中村第一ホテル
 

麦屋の青のりうどんは天然青のりをふんだんに練り込んだ、
四万十の香りいっぱいのうどんです。
四万十川の青のりの香り、風味がいっぱい、彩りも綺麗なうどんです。
四万十川ならではのご当地うどんなので、テレビ、ラジオ、雑誌等によく取り上げていただきます。

夏場にはざるうどんとしておもてなしのお料理にもどうぞ。
お取り寄せに、ギフトに人気のうどんです。

麦屋の青のりうどん

贈り物にもご自宅用にもご利用お待ちしております。

四万十うどん工房麦屋
オンラインショップ
https://www.mugiya.net/