生きくらげ栽培への挑戦|フォレストファーマーズ下切

若い人が豊かで安心して暮らせる場所を作りたい

フォレストファーマーズ下切 宮川代表

高知県でも高原地帯に位置する典型的な山村の三原村は過疎化が進行し、平成 2 年には2,000 人いた人口も、今では 1,490 名(令和 2 年 4 月末時点)まで減少しています。
その中でも下切地区は特に小さな集落ですが、そこで本業とする林業以外にも就労の場を作りたいと、生きくらげの栽培という新たな事業に挑戦する団体が、 「フォレストファーマーズ下切」です。

この生きくらげを天ぷらにして提供している麦屋が、フォレストファーマーズ下切の宮川代表を取材させていただきました。

フォレストファーマーズ下切は職員が6名、従来は1年の半分は本業の林業で生計をたてていました。しかし、林業は年間を通じて継続的な収入がある訳ではなく、女性はもちろん若い方が生涯安心して出来る仕事でもないと考えていた宮川さんは悩んでいました。

「何とか地域を守りながら、若い人が豊かに暮らしていく事ができないか」

そこで、林業の傍らに残りの半分の期間を有効活用してハウス栽培を手掛け始めたのである。林業は誰しもが出来る仕事ではないが、ハウス栽培なら女性にもできる、また将来性のあるビジネスであれば若い人だって希望をもって取り組んでくれると考えたのです。

生きくらげ栽培を始めた訳

老止木耳(おとめきくらげ)

これまでにイチゴの栽培を行っておりましたが、いま最も力を入れているのが生きくらげの栽培です。きくらげはよく料理にも使われていますので好きな方も多い食材ですが、実は国産品は全国的にも珍しく、なんと流通しているきくらげの内のわずか 3%だという事です。その多くは中国産のため、国産の栄養価が高く美味しいきくらげの栽培に成功できれば、きっと多くの方に喜んで食べて頂けると信じてスタートしました。
しかも栽培農家はまだ全国的にも少なく、そこにはビジネスとしても大きなチャンスがあると将来性を感じた事も理由です。

自然豊かな三原村は、フォレストファーマーズ下切のハウスの上にもあまり人も住んでおらず、建物はないのですが豊富な谷水(天然水)があります。
この自然の恵みを、きくらげ栽培に生かすことができるのは本当にラッキーだったそうです。まだ挑戦は始まったばかりですが、生きくらげの栽培に成功した後には椎茸にもチャレンジする予定です。

今の取引先は地域の道の駅や市内の店舗ですが、いずれ三原村ブランドの名産品として全国にお届けする事が目標です。


老止木耳(おとめきくらげ)
地域の女性グループ「老止クラブ」に因んで命名しました。
キクラゲには食物繊維やビタミン D など、美容や健康によいとされる成分が豊富に含まれ
ていると言われています。
国産の「生」キクラゲで、もちもちとした食感が特徴です。

麦屋がきくらげ天を提供するようになった経緯

フォレストファーマーズ下切 の生きくらげ栽培
老止木耳(おとめきくらげ) を天ぷらにする

麦屋で取り扱う事がきまったのは、「フォレストファーマーズ下切」の宮川代表が突然お店に現れてきくらげのプレゼンを行った日が切っ掛けです。
最初は「なんだこの人は!?」って思いましたが、あまりの熱意と、生きくらげの希少性に興味が湧き、サンプルをいただいて試作をすることに。

うちの女性スタッフが「生きくらげはコラーゲンがあって女性に人気だ!」
とか、「コリコリして美味しい!」とか言うもんですから、それで即採用となった訳です。
※あくまでもスタッフの個人的な感想です。笑

お店でも提供を開始してから、少しずつファンがついていましたが、爆発して売れ出したのが、昨年秋に東京神田にある「むぎくらべ」さんに出展をした時です。

当初1日あたり、きくらげ天の入ったうどんは10食程度かと思っていましたが、 その3倍以上!!30食から40食のオーダーがありびっくり!!

特に女性に人気だったのです。
この人気を受け、本格的に生きくらげを多くの方に食べていただくにはどうしたら良いかをスタッフと考え、このきくらげ天をうどんのトッピングとして通販できるように商品開発したのです。
全国の美味しい食材をうどんと一緒にお届けする事をミッションとする麦屋でも、本当にやりがいのある取り組みであり、全力でこのフォレストファーマーズ下切を応援していきます。

是非、三原村の愛情のこもった生きくらげをお召し上がりください。

四万十うどん工房麦屋オンラインショッピング
https://www.mugiya.net/

むぎくらべホームページ
https://mugikurabe.com

むぎくらべで提供した麦屋のうどん
むぎくらべに出展

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[会社名] 株式会社カツマジャパン
[URL] http://www.mugiya.net/
[代表者] 毛利仁人
[住所] 〒787-0009 高知県四万十市佐岡 541
[電話番号] 0880-34-8031 [FAX] 0880-34-8032
[E-Mail] info@mugiya.net

Movie四万十ぶしゅかん解禁祭2018

 今年も四万十ぶしゅかん解禁祭へと参加してまりました!!昨年よりもパワーアップして沢山の方に来て頂きました!!

ぷちっ動画にしてみましたので・・・是非ご覧くださいませ~

麦太でした!!!

 

 

教えちゃいます!四万十の〇〇〇祭り!!

 麦太です!!今回は、四万十市民の皆さまも、あまりご存知でないかも?超~お得なグルメ祭り情報をご紹介します!!

 場所は四万十川といえば的な、美しい岩間の沈下橋のたもと写真中央の河原で開催されます!

でっ・・どんなグルメ・・・かと言いますと!

四万十産の鰻を食べるお祭りなんです!!

うなぎ祭り「岩間四万十鰻遊祭・まんゆうさい」でございます!!

 その場でじっくり焼き上げられた四万十産鰻の蒲焼が、まるごと1匹!!艶々で照りっ~が美しい、四万十の鰻を四万十川で頂くって最高の贅沢!!

食べて頂くと・・素敵なアトラクション体験がもれなく!!

なんと・・リアル川漁師さん号で岩間クルージング体験!!

 岩間四万十漫遊祭は8月5日(日)10:00~15:00となっております!!

 現在、御年52歳・岩間の沈下橋さんは、橋の沈下によって療養中となって通行止めですので、下流の茅生(かよう)大橋をご利用くださいませ!

岩間の沈下橋さんを励ますためにも、是非お越し下さいませ!!

麦屋スタッフもお手伝い~こころよりお待ちしております!!

 

ごり工房・御一行様ご来店頂きました!!

 麦太です。最近・・麦屋の店内で販売している、四万十ひのきのストラップ!!

 こんな具合にディスプレイされております!じつは四万十にある「ごり工房」のスタッフさんの作品なんです!!

 おススメは、ストラップ!!おひとつ300円(税込み)色んな種類があるんです!

ワンちゃん!!!犬好きにはたまりません~

肉球ストラップもカワユイですよ~

もちろん猫好きなお方にも~ニャ~~(=^・・^=)

サーファーさんにおススメな波乗りジョニ~🌊🌊🌊

プレートもございます!600円(税込み)

 ご好意で、麦屋バージョンも作って頂きました~割りばしがイイ感じです! 

でっ・・先日、ごり工房スタッフさん達が麦屋に来て頂きました!

 ごり工房スタッフ様・27名のご予約を頂いております!!ひ~様も早出して頂いて準備ですよ~

ご来店予定時間に合わせて、準備OKですw

 本日、ご用意させて頂いたのは、「冷やしぶっかけうどん」「ちくわの磯部揚げ」四万十鶏を麦屋特製タレに付け込んだ「とり天」「黒尊米のおにぎり」!!

開店と同時に元気よく笑顔でいらっしゃいましたよ~~

 いらっしゃませ~今日は御来店スペシャルサンクスでございます!<m(__)m>

麦屋の女将が麦屋特製ぶっかけつゆを注いでまいります。

でわっどうぞ召し上がれ~~

 皆さま麦屋のおうどんどうですか??最高の笑顔で応えて頂きました!ありがとうございました!これからも素敵な作品を作って下さいね~

 

 麦屋では団体様のご予約も承っております。ご予約の時間帯やメニューなどお気軽のご相談ください!

 

 

 

梅雨映えの睡蓮と紫陽花

  麦太です!四万十も梅雨入りして毎日雨が・・インドア苦手なんで・・ストレス⤴⤴ですが、今日はインスタ映えならぬ、梅雨映している、おススメPOINTをご紹介します!

 四万十市内から車で西へ約30分・幡多郡三原村にある「星ヶ丘公園」です!

 こじんまりとした公園ですが、丁寧に整備されていて四季折々の花々が観賞できる場所なんです!特に有名なのが、公園内の池に咲く、睡蓮(スイレン)!!

 雨が降り止んだタイミングを逃さず、カメラ片手にやってまいりました!わぉ~~いい感じに睡蓮が咲き乱れております!

 昼過ぎでしたが、雨や曇りの日照が少ない日は午後まで、咲いているそうです!水面に花びらが映る感じもいいですね~

 池の中では、四万十かいどう推進協議会三原支部の矢野支部長さんが睡蓮さん達のお世話をされています。

 矢野さんの惜しみない、努力と愛情を沢山もらってるから、素晴らしい花を咲かせているんですね~(感動)

 しばらくして公園の奥へと行ってみると・・・なんか作業中の矢野さんをカメラマンさんが??

 朝日新聞四万十市局の菊池さんが取材されておりました!!実は山紫陽花や紫陽花が見頃を迎えているそうなんです!!

 6年前に紫陽花の収集家さんから、10品種200本を寄贈され、その後50品種1800本も寄贈されたそうで、矢野さんがコツコツと挿し木して、現在では3000本もの多種多様な紫陽花が咲く、名所となりました。

 紫陽花を楽しみにしているのは、人間だけじゃありません。クマバチさん達も毎年楽しみにしております!ブーンって豪快な羽音をさせながら花粉集めに夢中になっています!

 両足には沢山の花粉をまとって紫陽花を渡り飛ぶクマバチさん!!こちらも紫陽花そっちのけでクマバチさんにロックオンしてパシャリ(笑)!!

 池のまわりには、トンボさん達も!!これからもっと多くなるでしょうね~

 梅雨空に映える紫陽花は今が見頃!!睡蓮は10月頃まで楽しめるそうです!!美しい花を観賞した帰りには・・是非、麦屋でうどんを食べていって下さいませ<m(__)m>

麦太でした!