The Movie Peak de UDON

 山頂で麦屋のうどん!!前回ブログでご紹介させて頂いた、剣山登山の動画が完成しました!!ロングバージョンとGPSログを使ったショートバージョンの2本立て!

 Ver.SHORT/GPSログを使ってRelive動画にして、ちょいと加工したものです!スマホでも簡単に作成できるんですよ!興味のある方は「Relive 使い方」で検索してみたください!

 こちらは、Ver.LONG!!高画質&ボリュームミ~な動画で剣山・次郎笈をリアルにお楽しみください!

麦太でした!!

 

 

PEAK de 麦屋うどん・剣山1955m・前編

麦太です!!今回は新たな挑戦!って事で

 麦屋の山ガールの影響で、最近登山にも挑戦しているんですが・・山頂でお湯を沸して・・美味しそうにカップヌードル食べてる人をみて・・そうだっ💡!💡!!山のテッペンでうどんが食べたい!

昨年11月には麦屋の社長と西日本最高峰・石鎚山へ!

 寒波の影響で山頂はマイナス7度・・極寒と銀世界で、うどん所では・・それでも全身を震わせながらカップラーメン食べてる強者もいらっしゃいましたが・・

 でも初霧氷の絶景に出会えて、ますます山LOVEになっちゃいました~なんとか・・なんとか山頂でうどんを食べたい・・ミッション名「PEAK de 麦屋うどん」!!

そして・・半年が経過・・・・・

 やっとその時がやってまいりました!!6月3日(日)朝4時に麦屋を出発して、今日の目的地を目指す事2時間半・・トイレ休憩へと立ち寄ったのは・・

 徳島県・大歩危にある道の駅大歩危・吉野川が流れる渓谷の絶景が素晴らしいです!今日はランニング仲間さん達にもお声を掛けさせて頂きました!早起きさせてごめんなさい<m(__)m>

 国道439号・祖谷川沿いに目的地へと!!実は439号は四万十市と徳島を結ぶ国道なんですが・・クネクネして狭い区間も多く・通称・与作酷道って呼ばれてます!ちょいと車酔ぃ~💫

 本日の登山口駐車場へ到着しました!先日、梅雨入りしたばかりですが、まさかのドン晴れ!大気の透明度も良さそうです!

さて・・登山口まで・・すこし歩きます!

 お初Peak de うどんは・日本百名山西日本で2番目に高い「剣山(つるぎさん)1955m」です!美しい景観&初心者でも登りやすい山なんです!高知市内からのラン友さんも加わり、総勢13名でPeak de 麦屋うどんへアッタックです!!

 さあ~登山口へ!!あれ?手を振って・・独りでリフト乗り場へ向かう、今日が初登山のMさん!!無理は禁物ですからね~途中までリフトで行ってらっしゃいませ。

じゃ~私もってまさかの、麦屋の山ガール!!

 「私に付き合わなくてもいいわよ~」「いいのよ~折角だから~」 なんて、お気遣い合戦中・・のお姉さん達・・勝手にやってください(笑)

午前8時30分 剣山登山口・神社の参道から登り始めます!

 標高は現在1360m・・さあ~どんな絶景が待っているんでしょうか?!

 ちょいと・・真剣モードへ!!神社にて今日の登山の安全をお祈りします!!「山の神様・・そして山に住んでる生き物様へ!!今日は少しだけお邪魔をさせて頂きますね。皆が楽しく安全に登山できますように・・お願いします」(念)

 神社脇から登山道へと!リフトが到着する、標高1750m西島駅まで約2.4㌔です!

さすがに人気の剣山登山道・よく整備されております!

木々の新緑も爆発中~初夏のやさしい木漏れで癒されます(幸)

しばらくすると、登山道とリフトが交差する地点へと・・

 初登山のMさんが、リフトで登ってきましたよ~!見ノ越駅~330メートル上にある西島駅まで15分の旅だそうです!

 なんか超~楽しそうですね~ GoPro持って、乗ればよかったかも・・でも片道1030円だから・・

リフト下のトンネルをくぐり抜けて、本格的な登りへと!!

結構な勾配となってきました!標高1600メートル通過・・

 やはり地上の酸素濃度に比べ8割程度と空気が薄くなっているのでスグ息が⤴⤴心拍MAX⤴⤴アラーム鳴り放題・・ おまけに雨具や食料(うどん)・飲料水・撮影機材・etcリュックがズッシリ・・(疲)

 皆さんランニングで鍛えているとはいえ・・環境が違いすぎ~無理せず休みながらゆっくり・まったりと登ります!

急に視界が開けてきました!わお~山頂付近も見えております!!

右手に見えるのは、次郎笈(じろうぎゅう)1929mでしょうか?

振り返れば・・Oh~~~なんという絶景~

前方にリフトの終着POINT・西島駅が見えてまいりました!!

 登山開始から約50分で西島駅に到着しました~ここでMさんと合流です!

それでは・・絶景をバックに📷パシャり いいね~ 

ここから山頂へ向かう道は3コースからチョイスできます!

 勾配は急になりますが、最短コースの「尾根道コース」を選びました!

 かなりの急勾配です、頑張り過ぎると、息と心拍がオーバーレブしそうに・・でも鼻孔から吸い込まれる大気がなんともフレッシュで癖になりそう~

 写真の最後尾・・余裕な足取りなお方!!社長のバックには、20人前の麦屋のうどん・・4㌔オーバーも入っております!

 木々の背丈も小さくなり、絵に描いたような、ササ原に囲まれながらの登山!いいでしょ~~最高ですw

さあ~無理しないで休憩TIME~わおっ!!

 山並みの何とも言えないグラデーション・裂け目の様な深い渓谷には、剣山を源流とする水質四国一と言われる「穴吹川」が望めます!

 午前9時40分・標高1830メートル付近の「刀掛の松」に到着しました!

 伝説では合戦に敗れた平家が、安徳天皇と東祖谷に落延び、源氏滅亡を祈願し、剣山の頂上付近に宝剣を納めたと言われていて、その時、安徳天皇が宝剣を持ち続けている家来をねぎらって刀を松にかけるようにと声をかけたことからその名が付いたそうです。

 松のそばには祠(ほこら)がありました、「枝折(しおり)神社」と呼ばれているそうです!

狛犬さんと絶景がイイ感じです📷

 ここから、登山道は3つに分岐・そのまま尾根道コースを直進・右に行くと大剣コースへ合流・左は・・行場へ向かい鎖場などチョイとデンジャラスな区間を経由するそうです。

野人チームは流石ですね~迷う事なく、行場経由をチョイス!!

 手を振る野人君達!!結構ヤバそうですが・・・無事をお祈りしております(念)

 レディ達はそのまま、尾根道コースを直進します!!勾配はかなりキツイですが、無理しないで景色を楽しみながら山頂を目指しましょう!!

苦しくなっても・・息を整え・・まわりを見渡せば・・

その美しさに・・めまいがするくらいの、絶景が飛び込んできます!

   

苦しくて、顔を上げられなくなっても・・足元に目を向ければ・・

 色とりどりの高山植物さん達が、微笑みながら励ましてくれます!(癒)

 山頂が近くなってきた頃、予想より遅く・・野人チームが行場を越えて合流してまいりました!乙カレ~

 汗ダラダラ・・下を向いちゃって、みなさま疲れ切っておりますが???

 後日、野人くん達が撮影した写真を確認すると・・・なんですか???

鎖場も滑りやすくて、足を掛けるところも殆どなかったそうで・・

 ほぼ腕の力だけで登ったそうです・・マジっすか~行かなくてよかった(怖っ)

 よくぞ御無事で・・・少し振り向いて素晴らしい景色も見てみてください!

いい景色でしょ~~~

 山頂の直下にある、剣山本宮 宝蔵石神社に到着です!

 神社の上にある巨石下に平家の落ち武者さん達が、宝を埋蔵した伝説があるそうです。

売店で登頂記念グッズなども売ってました!!手ぬぐいGET

 剣山山頂ヒュッテと神社の間にある階段を登れば、山頂はすぐだそうです!!さあ~どんなビュ~が待っているんでしょうか?

山頂は見渡す限りのササ原!!360度の大パノラマ~

木の歩道を歩いて、山頂を目指します!!

 登山開始から2時間・・10:38分 剣山の山頂1955mに到着しました!

 昨日、高知県の最高峰三嶺山から縦走してテント泊していたリアル山ボーイのGoくんも合流しました(右端)、でわっ集合📷GoProで広角ショット!!

 ノーマル📷でもパシャりっ!

 さて・・そうです!!大事なミッションを遂行するときです!場所探し・・・

リアル山ボーイGoくんオススメ、西側のテラスへ移動します。

リアル山男Goさんのブログより

 Peak de 麦屋うどん・・うどんを湯がくとなると、汚水などの問題があるので、店であらかじめ茹でた麺を持参・ぶっかけ汁は3L程凍らせてもって上がりました!

 では、麦屋のうどんを準備します!!そのとたん、飢えた野人達が群がってきます・・ごら~マテ・・FRIEZE~~

 ヨダレたらたら野人達をwait!!・麦屋のれんをもってもらって、記念写真を!念願のPeak de 麦屋うどん(涙)

各自が持参した器に!!お好きなだけどうぞ~

 どうですか??美味しい???

  皆さまの笑顔でわかりますね~神的な絶景を眺めながら、山頂でいただく麦屋うどん!!また格別なお味がして最高でした!!皆さま汁も残さず完食!!

さて、Peak de うどんの後は、お湯を沸して、Coffeeブレイク!!

 Peak de Coffeeも最高ですね~ってかCoffeeいれた本人が逝っちゃってます(笑)

 無事にPeak de 麦屋うどんミッションコンプリートしましたが・・実はまだまだこれからなんです!! 食後は次なるPeakへと!!

後半へと続く・・・・

PEAK de 麦屋うどん・剣山1955m・後編

さて・・後編のスタートです・・!!

 西日本で2番目に高い山・剣山の頂1955mで、麦屋のうどんを食べるミッションも無事完了しましたが・・山ガール&ボーイおススメPOINとへアタックする事に!

目指すのは!!みんなの後方・剣山の西側に位置する・・

 その名も「次郎笈(じろうぎゅう)」標高1930m!!四国では3番目・西日本でも4番目に高い山なんです!

 剣山は別名・太郎笈(たろうぎゅう)と呼ばれ、兄弟山なんだそうで、剣山から稜線沿いに、次郎笈へと縦走できるんだそうです!

 稜線沿いに登山道が見えてますね~!!それにしれも次郎笈って男前ですね~

 午後12時・次郎笈へと出発です!!山頂までの距離は1.5㌔程・140m下ってから、頂上を目指します!折角だから初登山のMさんも行ってみましょう!

 不安そうなMさんを気遣って「これを使ってごらん☆彡」って優しい山ボーイGoくんが、トレッキングステッキを貸してくれました!

 先ずは下り・・・登るのもキツイですが・・・滑りそうになったりするので、下るのも結構辛いんですが!先ほどのトレッキングステッキが役に立つんです!!

 剣山の斜面から、山ガール&ボーイGoさん達が、見守ってくれています!はいチーズ📷 !!ところで・・写真をよく見ると・・ササ原に筋状の跡がありますよね!実はシカさん達の通り道だそうです!

 ほらっ!!シカさん達です!!!野人の集団にビックリして?急斜面を猛スピードで駆け抜けて行きます!!

下りきったら山頂まで約1㌔で登り区間へと!!

 かなりの勾配%となってきました~いや~酸素プリーズ~w流石に休みながらですね~

野人達は既に山頂に到着しているようです(速っ)!!

40分程かけて次郎笈山頂に到達しました!!

 コンパクトな山頂からの眺めは、剣山よりスパーWIDEビュ~イングで素晴らしい!!

10分程遅れて・・初登山のMさんが!!凄いじゃないですか!!

みんなでGOALアーチを作って、お出迎えしますよ~~

凄いね~~~がんばったね~やるじゃん!!!

笑顔スマイルMAX最高な笑顔~~~やりました~v( ̄Д ̄)v イエイ

本日セカンドMISSIONコンプリート!!!📷パシャっw

初登山の記念に📷 パシャ!!家宝にしてくださいませ!

 さて下山開始!!急斜面に加えて砂利が多いので、とてもスリッピ~何度か尻餅をついたりしながら・・

 野人くん達は他の登山客さんが居ない区間では・・トレランごっこで下ってます!5分少々で下り切りました!元気だね~~(笑)

 前方にはお兄さんの剣山こと太郎笈が!!なんて美しい~本当に来て良かった~

剣山手前の分岐で皆が待っててくれました!

 ここで次郎くんともお別れです!!最後に振り返ってありがとう!また来るね~

山ボーイGo隊長に導かれながら下山します!

  帰りは遊歩道コースで西島駅へ!!剣山の中腹斜面をトラバース(緩やかに横断)する登山道です!

 

 遊歩道コースと言いますが・・・注意していないと、滑落しそうです!集中しますよ~

 さあ~あともう少しですよ~まだ大丈夫ですか~?? みんな笑顔ですね~了解(^^)/

 気を使って、Mさんのバックを背負う社長~優しいね~ってか・・体力余り過ぎ・・(笑)

 カメラ越しに眺める、皆様の笑顔 今日は本当に癒されたようですね~

 わおっ!!目に飛び込んんで来たのは・・剣山の由来になったと言われる剣岩!!!男前~⤴⤴

 しばらく進むと道端に・・なんと・・名水百選「剣山御神水」が湧き出てます!

空いたペットボトルで・・・キャッチ!

いただきます~ゴクゴクっ・・・よう冷えちょ~(幡多弁)旨い~~

ゆっくり剣山の懐を楽しみながら下山します!!

めくるめく絶景のコンボに感動しながら・・

 登山中・・至る所で「ほっちょかけた~」って3D状態で鳴いていたホトトギスさん達!!やっと・こさ📷でパシャり出来ました!!

15時前・・無事に登山口へと帰ってきました~~

最後に皆で📷パシャって本日のミッションすべてComp( `ー´)ノ

麦屋のファイナル お・も・て・な・し~~おもてなしw

 完熟した千葉県・八街の高級スイカ!!流石に巨大すぎて・・山頂へは・・

 クーラーBOXでキンキンっ玉らん冷え冷え~です~さあ~召し上がれ~~

乾いた体にジュ~スィ~で甘~ッdeしょ~~

そんなにいい笑顔で食べてもらえて・・嬉しゅうございます!

今日も大活躍の野人くんは志村けん食い~~速っw

 四万十へと帰る途中寄り道・・野人君達には・・・ファイナルMISSIONがあったのです・・名付けて「大盛・・ミッション」やって来たのは高知市内にある・・高知ケンミンのソウルフード店!!「鳥心」さん!開店間もないのに・・すでに待ち・・・

待つ事しばし・・・なんか・・・デカすぎくないですか??

名物のチキンナンバン定食・チキンが剣山のようにそそり立っております!

 酢鶏定食!!!これまた広大な面積!!野菜盛りも次郎笈クラスです!

  やはり・・女子チームは・・食べきれず・・・野人君へと・・

流石の野人君も箸がFRIEZE・・・ですよね~~

 残してしまって・・・ナンマイダ~の野人君・・・リベンジを誓います!!

Peake de 麦屋うどん!! 最後までPeak de した(大満足)!!!

 さて・・近いうちに今回の模様をリアルな動画でご紹介します!!少しだけですが予告編をどうぞ~

麦太でした!!

梅雨映えの睡蓮と紫陽花

  麦太です!四万十も梅雨入りして毎日雨が・・インドア苦手なんで・・ストレス⤴⤴ですが、今日はインスタ映えならぬ、梅雨映している、おススメPOINTをご紹介します!

 四万十市内から車で西へ約30分・幡多郡三原村にある「星ヶ丘公園」です!

 こじんまりとした公園ですが、丁寧に整備されていて四季折々の花々が観賞できる場所なんです!特に有名なのが、公園内の池に咲く、睡蓮(スイレン)!!

 雨が降り止んだタイミングを逃さず、カメラ片手にやってまいりました!わぉ~~いい感じに睡蓮が咲き乱れております!

 昼過ぎでしたが、雨や曇りの日照が少ない日は午後まで、咲いているそうです!水面に花びらが映る感じもいいですね~

 池の中では、四万十かいどう推進協議会三原支部の矢野支部長さんが睡蓮さん達のお世話をされています。

 矢野さんの惜しみない、努力と愛情を沢山もらってるから、素晴らしい花を咲かせているんですね~(感動)

 しばらくして公園の奥へと行ってみると・・・なんか作業中の矢野さんをカメラマンさんが??

 朝日新聞四万十市局の菊池さんが取材されておりました!!実は山紫陽花や紫陽花が見頃を迎えているそうなんです!!

 6年前に紫陽花の収集家さんから、10品種200本を寄贈され、その後50品種1800本も寄贈されたそうで、矢野さんがコツコツと挿し木して、現在では3000本もの多種多様な紫陽花が咲く、名所となりました。

 紫陽花を楽しみにしているのは、人間だけじゃありません。クマバチさん達も毎年楽しみにしております!ブーンって豪快な羽音をさせながら花粉集めに夢中になっています!

 両足には沢山の花粉をまとって紫陽花を渡り飛ぶクマバチさん!!こちらも紫陽花そっちのけでクマバチさんにロックオンしてパシャリ(笑)!!

 池のまわりには、トンボさん達も!!これからもっと多くなるでしょうね~

 梅雨空に映える紫陽花は今が見頃!!睡蓮は10月頃まで楽しめるそうです!!美しい花を観賞した帰りには・・是非、麦屋でうどんを食べていって下さいませ<m(__)m>

麦太でした!

麦屋の新人・バタぶ~・デびゅ~w

 今日は麦屋、期待の新人くんデビュ~のお知らせです。

 これが新人の、バタぶ~君です!そうです麦屋の新メニューなんです!温ぶっかけうどんに、バターを絡めて食べるんです~!~ッって思う方もいらっしゃるかもしれませんが・・凄いんです!!

 風味豊かで濃厚な北海道産バターが、熱々うどんの上でトロ~りと融解・ぶっかけ汁と出逢って、なんともいえな~い出汁の効いたバター醤油へと大変身!!麺に絡めてほうばれば、お口の中は・・唾液の洪水警報です(涎)

 さらに爽やかなレモンを絞れば・・ワおっ!!さっぱり味に確変しますよ~糸唐辛子・あらびき胡椒さん達も、味の引き締め役でいい仕事しております!

 5月25日から麦屋デビュ~を果たした「バタぶ~うどん」1玉500円(税込)となっております!是非お試しください!本当に癖になるバタぶ~でございます!!!見た目もインスタ映えする・フォトジェニ君ですw📷

麦太おススメ度★★★★★+!!!

※2玉600円・3玉700円・4玉800円 5玉以上も承ります!!

麦太でした!

 

麦屋の近く石見寺山deトレイルランニング

 麦太です!今回は、嬉しい御報告と四万十でおススメの登山情報をお届けします!

 昨年・・塩の道トレイルランニングレースでトレランデビューした麦屋の社長!!初レースにもかかわらず・・トライアスロンやマラソンで鍛えた&麦屋のうどんパワ~で・・

総合10位と大健闘~~でした!!!それから半年・・・ついに!!

奥四万十トレイルレース2018・36㌔の部において~

 豪雨というタフなコンディションの中!!なんとクラス3位!!表彰台に登りました~!!

 そんな麦屋の社長がこっそりとトレーニングしている、コースを紹介します!

麦屋から近くにある、四万十市民が愛する石見寺山でございます。

 標高411メートル・山頂まで約2㌔で、時計回りのコース上には石像があり、八十八もの石仏が奉られていて、ミニ八十八ケ所巡りも出来るんです。絶景ポイントも盛りだくさん

 さて・・とある晩春の朝・・午前7時前・・・石見寺山トレラン練習会へと参加しましたよ~

 今日は石見寺山周回+石見寺山の向こう側・馬荷地区へと足を延ばしてくる約15㌔の予定だそうです(汗)

 社長・野人君そしてツインズランナー兄?弟?どっちだったか??それにしても、ガチガチな3人衆じゃないですか・・

 安並運動公園駐車場からスタート!石見寺参道は狭くて交互通行なんで・・青信号を待ってイザGO~というか車専用ですが・・

 イキナリの激坂・・・トレランの極意「無理をせず歩いて登るべし」って事でウォーキング・・それでも心拍⤴⤴

500メートル程で石見寺に到着です!

 ここが登山口となる石見寺です!!ちゃんとお参りして、道中の安全を祈願します(念)

 本堂の右に登山口の案内があります!標高50mの登山口から山頂まで約2.2キロとなっております!

さあ~イキナリの激坂・・・登山道ですから・・(汗)

緩斜面になると一気にスピードUP・・(速っ)

 でも朝日の木漏れ日であふれるトンネル~~ビゅーテぃフぉ~気持ちイイ~

 ですが・・すぐに心拍がMAXというかオーバーレブ状態・・・って事で3人さんはアウトオブ視界へ~

途中の鉄塔下で待っててくれました・・・

 鉄塔を真下から見上げるなんて・・初めてかも・・&胸板の厚い野人君を見上げるのも・・キュン♡♡(萌)

さあ~山頂まで、まだまだこれから・・頑張りますw

 道脇には石仏さんが、八十八ケ所の寺名・本尊を示す白札の表記がされています!石仏様~お邪魔しておりますm(__)m

オレンジ桃色のグラデーションが美しい~ 山ツツジの花びらです!

 石仏と緑のトンネルが幻想てきで癒されます!五感+第六感で大自然を感じながら走れるのがトレランの醍醐味ですね~

 見とれて油断していると・・道にクモさんの巣トラップが・・ クモさん・・ゴメンなさい~失礼して脇から通してくださいね~

 さあ、もう一息・さすがにノンストップでは・・・ドックン心拍が落ち着くまで・・休憩します。

 勾配もきつくなってきました!もうアキレス腱が伸び伸び~ふくらはぎも絶叫して、山々に・こだまする程の悲鳴を上げております(痛)

 山頂までもう少しだそうです、息を整えて・・・ってか・・脚がガクガク崩壊寸前(痛っ)

 しばらく登ると・・・眩い光が溢れて前が見えない・・ここは??天国???

一気に視界がWIDEになってクリア~!!

 眩い太陽と青空が出迎えてくれました!!そうです~やっと石見山のテッペンへと到着です!!!ゼ~ハ~吐きそうです・・

 木々が生い茂る隙間からは、四万十中村の町が見えていますね!数年前までは展望台が設置されて、360度パノラマが楽しめたらしいです!

 それでも、絶景ポイントですよ~今朝は霞で見えにくいですが、大気の状態が良ければ、四万十川の河口と太平洋も望める絶景ポイントなんです!

 石見寺山の頂(410.9m)でパシャリッv( ̄Д ̄)v イエイ あれ?野人君??目力が凄いんですが?化粧??(笑)

 しばらく絶景を楽しんだ後は、山頂から順路に従って、一気に下ります!!登りも辛いですが、急斜面&悪路で気を抜くと、一瞬で転倒って事になりそうで・・ビビり腰で下ります・・・怖い~

 少し下った林道との合流地点の階段に、鉄の杭が飛び出てる、危険個所発見!ピンクリボンでマーキングする野人君です。凄い!準備良すぎ!

 というか・・・山の中を走ったりして迷わなように、目印をもってマーキングしながら走る事も大事だそうです!

 コースからいったん外れて、黒潮町の馬荷方面へ!林道ですから道幅が広くなってとても走りやすい!

 木々の合間からの絶景も楽しめます!条件がよければ石鎚山系の山並みを望めそうですね!

 約3㌔下ったところで・・社長と麦太は時間切れ・・野人君達とお別れして帰ります!でわっまた~

 社長も仕事ですから・・ここで更にお別れ・・麦太を置いて・・猛ダッシュ~~!ああ~っ・・・一人になっちゃった・・

 迷路のようになっている林道を何度か迷いながら何とか(汗)石見寺山の登山道へ復帰しました。後は登山道を下るだけです!

ロープが必要な位の急斜面もあるので、無理しないで・・

 途中の分岐ポイント!ここは右へ!!迷いやすいポイントですから注意してください!前回は左をチョイスして・・あはは(迷)・・でした。

 下る事しばし・・登山道は沢沿いとなります!ここは沢を渡るPOINTです!水量が多くなると大変かもしれませんね。

 この沢は後川に流れ込む八宗田川の源流だそうです。次第に水量が増してきて、小さな滝も!

 「滝ノ上・石鎚神社」の標識を過ぎて、左の脇道へとそれると・・

 安吾の滝が見えてまいりました!落差は10mに少し届かないくらいでしょうか?オーバーハング(反り返った)岩から落ちる滝は凄く迫力があります(凄っ)

 実はこの滝は、左側から回り込んで、滝裏へと入れるんですよ~これが滝裏からの眺めです!いわゆる裏見の滝!!凄いです~こんな滝があるなんて・・・

 シャッターを押していると・・人影らしき霊・・・「ぎゃ~って」叫びそうなくらいビックリしました~ 他の登山客さんでした・・でもこの滝・その昔 黒い大蛇が居たという伝説があるそうですよ!

沢沿いに下って行くと、次第に勾配も緩やかに・・

 木漏れ日のシャワーとマイナスイオン!!走って駆け抜けるのがもったいないので、時々立ち止まって深呼吸

道脇には美しい野草の花々や

トンボさんなどに癒されながら・・

視界が開け始めてきました!そろそろ下山間近なようです。

登山道の終わりには石鎚神社がありました!

 その先には八十八番の石仏が・・ここで八十八ケ所巡りも終了です!トレラン道中安全のお礼を告げて終わりです。

 安並の駐車場へ戻る途中には、本来の登山口があり、一番目の石仏さんがあるんです!正式にはココから登るといいですね!

 四万十中村の町から歩いて行ける、石見寺山!!登ってよし!走ってよし!珍しい裏見の滝・・最高です!~おススメ度★★★★ですね!!

注意:標高が低い山でも、きちんとした登山計画:装備をしてから登りましょう!

麦太でした!

清流四万十川が育んだ、麦屋の青のりうどん

今回は麦屋の青のりうどんのご紹介です!

最後の清流といわれる、四万十川

 多くの支流が流れ込み、四万十川は山々の恵みをたっぷりと蓄えながら・・

ゆったりと流れてゆきます。

 そして麦屋がある、四万十市で196㌔もの長い旅を終え、太平洋へと旅立つ四万十川

 そんな四万十川と太平洋の海水が混じりあう、河口付近(汽水域)では、四万十川を代表する味覚・天然青のりが採れるんです。

青のり漁は、水温の低い12月~3月の間におこなわれます。

 天日と四万十川に吹き抜ける寒風で乾燥させ、より一層風味豊かに仕上げた物が、四万十の天然青のりとして出荷されます。現在ではかなり希少な高級品として扱われているんです。

 これが天然あおのりです!皆さんが普段、お好み焼きなどに使っている、アオサのりとは別物・正式名は「すじ青のり」と言って、筋状になっているのが特徴です。養殖物は他県でも出荷されてますが。。天然物は四万十川が全国1位・超希少でお値段も・・キロ数万円(わおっ)

 麦屋では四万十の天然青のりを、国産小麦と四万十水系の水で練り上げた、青のりうどんを製造販売しており、大変ご好評を頂いております。

鮮やかな青のりの緑が映えて、四万十美人なうどんです。

 天然青のりならではの豊かな香り、国産小麦と清らかな水が作り出す、独特のコシとのど越しのよさが特徴です。今日は少しだけメイキングをご紹介します!

 これが、四万十天然青のりをパウダー状にしたものです!品質のよい天然青のりが放つ、鮮やかな四万十グリーンです!

国産小麦へ惜しげもなく投入!!

練りの行程です!普通のうどんに比べて、難易度が上がります。

熟練の麺職人が、丁寧に麺体へと仕上げてまいります。

いい感じで麺体の完成です!そして熟成庫で一晩寝かせます。

翌日・・熟成させた麺体です。既にイイ色してますね~

まずは、ゆっくりとローラーで伸ばして行きます。

 その日の麺体の状態によって、微妙な調整をしながら厚みを整え

包丁切りマシーンでカットされ、ベルトコンベアで次なる行程へ!

高温で煮えたぎる、茹で窯で一気に茹で上げます!

 工場内に、四万十青のりの、なんとも言えない、いい香りがしてまいりました。

目をつぶると四万十川の風景が浮かんできそうです!

茹で上がった麺はスグに冷たいお水で、〆ます!

 おっ!!麺職人のノリ君です!!!龍馬マラソン以降・・・またメタボな生活・・すでにウエストは102㎝のメーター級・・・

のり君とは対照的に、キュッと締まった、青のりうどん・・トレーへと取り分けて・・

 マイナス50℃で急速冷凍して、茹でたての食感と風味を閉じ込めます!

約40分・・カチンコチンになった麺を、トレーから取り出し

包装すれば完成です!

 食べる時は、たっぷりの湯で4分程度茹でれば・・四万十青のりの鮮やかなグリーンと何とも言えない香りが、そのまま蘇りますよ~!

 四万十川の恵み、天然青のりを使った、自信のうどんです!是非おお問い合わせ・お求めは麦屋のホームページをご覧ください。

http://www.mugiya.net/

メイキングofソロメシ in 麦屋

 今回はソロメシ・孤独のグルメでございます。意味が分からない方・・もう少しの辛抱ですので、お付き合いのほど!

 さてっ・・お昼時も過ぎて、やっと店が落ち着いた麦屋の駐車場にどこかで・・見たようなお方が御来店?

 わお~っ、ツーライスの大ちゃん!!!お久振りです!今日は麦屋に番組の取材で来てくれたんですよね~YES!!

 テレビ高知で夕方に放送されている、情報番組「テレっちのたまご」の中の「ソロメシ」っていう、ドラマ仕立ての人気グルメ情報コーナー

 ソロメシ・高知県内の知る人ぞ知る的な、グルメ情報を孤独のグルメ風~仕立てにしているんです。独り飯を食らう~

早速、撮影が始まったようです・・逆に取材しちゃいますよ~

大ちゃ~ん!写真OK?? 「大丈夫で~す!」ありがとう~

 早速、カメラを持って林家ぺーパー子Modeへ!!ほ~~店内へ入るシーンですね~~

入店シーン!こうやって、カットを撮ってゆくんですね

さあ~注文シーン!!社長の出番です!!「いらっしゃいませ~~」

かけうどん2玉をご注文頂きました~

セルフですから、10秒ほど自分で温めてください。

 麺を温めたら・・揚げ物やキツネなどなど・・充実のサイドメニューから、お好きな物をどうぞ~

大ちゃん・・迷っております!さあ~大ちゃんセレクトは??

でわっ・・お会計をお願いいたします!

 お会計の後は、麦屋特製のかけ汁をかけるシーン!!いい感じで湯気が出ております!

 大ちゃんセレクト!!かけうどん2玉・竹輪の天ぷら・いか天・四万十鶏のとり天・黒尊米のおにぎり・合計770円(税込)ありがとうございます!ごゆっくりどうぞ~

 いよいよ実食シーン!!大ちゃんの演技・・楽しみです!がんばってください!

 カメラが2台!カメラマンの真剣な眼差し・・緊張感が⤴⤴こんな感じの中で食べるなんて・・夏は金鳥・・・蚊取線香w

 実食スタートぉ~~ズっずるっ~~っていい音させて、大ちゃんのお口の中へと消えてゆきます!

いい顔されてますね~~~

 四万十ショウガの特製タレに一晩漬けこんだ、四万十鶏のとり天をがぶり!!

 おお~~ここで上着を脱いだ大ちゃん!さあ~本格的に麦屋のうどんを食うぞ~って感じ!いい演技ですね~あっ~帽子は脱がないのでしょうか(笑)

 お次は、アオサ海苔をたっぷり使った、竹輪の天ぷら!竹輪は練り物王国・愛媛の八幡浜から取り寄せております!

おいしいから・・演技しなくても・・ですよね~

今度は麵を豪快にほうばる・・むさぼり食う!!ど迫力です(凄)

一気に吸い上げちゃった・・・わおっ!!

 なんとも言えない、至福の表情ですね!!なんか麦太も生唾ゴックンしちゃいました(笑)

超~スローモーション撮影です!

麺が、左右に揺れながら踊るように・・ちゅる~って!

バキュームされ消えました~~なんか漫画みたいです(笑)

 フィナーレへと!!ごくりゴクリとノドボトケを上下させながら、お汁を一気に飲み干す~~!!

最後は、お約束のお茶を飲み干すシーン!大ちゃん~小指立ってます

セルフですので、下膳シーンも!!

お汁も残さず完食!!ありがとうございました~

 最後に、大ちゃんが食べたウドンの撮影です!眩いライティングまでして頂いてます!!あら!後ろのTVに、のり君&石鎚山の社長さんが・・(笑)

龍馬マラソン感動のGOALシーンまで・・・

 15時過ぎ・・・撮影終了 カメラマンさんも(_´Д`)ノ~~オツカレーさまでした!遅いソロメシどうぞ~

沢山食べて頂きました!!ありがとうございます<m(__)m>

 最後に大ちゃんと記念撮影!! 実は・・大ちゃんテイク2があって、同じものをもう一回完食しちゃいました!お疲れさまでした~~

さあ~ソロメシ地上波放送&ネット配信のご案内です!

 地上波放送は5月9日(水)午後4時15分~県外の方や見逃した方は、テレっちのたまごホームページ・ソロメシで放送後に配信されますので、是非ご覧くださいませ!!

 

ビバ!!沢渡茶うどん!

麦太です!また新しいウドンが生まれたんです!

 高知県の北西部にある仁淀川(によどがわ)町・仁淀ブル~と言われる、美しい仁淀川の上流に位置する谷合の沢渡地区

 石積の茶畑が斜面に広がる、高知でも有数の茶所で栽培される「沢渡茶」を使った、うどんなんです!

 先月の3月17日に沢渡にオープたばかりの :日本茶カフェ「茶農家の店・あすなろ」さん

 沢渡茶を使ったメニューとして、茶うどんがあるんです!そのお手伝いを麦屋でもさせて頂いております。今回は沢渡茶うどん0fメイキングの模様をご紹介します!

 沢渡茶をパウダー状にしたものです!鮮やかな緑と、すばらしい香りです!目を閉じると沢渡のお茶畑が目に浮かんでくるようです。

 こちらが、北海道産小麦に沢渡茶を練りこんで、一日熟成させた麺体です!

では・・麺体を伸ばし器の金毘羅シックスへと!

 麺体の状態によって微妙に機械を調整しながら、慎重に伸ばして行きます。

 茶葉の鮮やかなグリーンですね~仁淀ブルーならぬ、沢渡グリーン!!

 麺切マシーンで包丁切りの行程です!これまた麺体の状態で微妙な調整が必要で、職人の腕の見せ所なんです。

地獄のように煮えたぎる、茹で窯へとご案内します!

 茹であがるまでも放置は禁物・・麺が浮いてきて空気にふれないように・・

 ウォーターガンで、茹で窯を狙い撃ち~泡フォーミングしてシッカリと茹で上げます。

 茹であがった麺は、お休みする暇なく、水温5℃の冷水で〆てあげます(冷っ)

 キリっと引き締まった沢渡茶うどんを、指定された量に計量してトレーへ

つやつやして美人の沢渡茶うどんです!

 マイナス50℃で瞬間冷凍して完成です!麦屋では茹でたての美味しさそのままに納品させて頂いております!

 なんとも美味しそうな盛り付けです!、沢渡茶の香りがなんとも言えない、茶うどん!!是非実際に味わってくださいね~

「茶農家の店・あすなろ」さんの場所は上記のMAPでご確認をお願いいたします。

麦太でした!!